学園紹介

ご挨拶

 

 


龍谷大学付属 平安中学校・高等学校 
校長 関目 六左衞門 

 4月から、龍谷大学付属平安高等学校中学校の第14代校長に就任いたしました 関目六左衞門 です。
 歴史と伝統に輝くこの“平安”の校長への就任は、私自身にとりましても晴天の霹靂で、大役に過ぎるのではとずいぶんと思い悩みましたが、浄土真宗本願寺派宗門校としての永く輝かしい伝統とその中で育まれた生徒の皆さんの凛として温厚な面立ちに魅かれ、お引き受けする決意をいたしました。
 申し上げるまでもなく、この龍谷大学付属平安高等学校中学校は浄土真宗本願寺派の宗門校で、その建学の精神は、生きとし生けるもの全てを、迷いから悟りへと転換させたいという阿弥陀仏の誓願を旨とする「浄土真宗の精神」です。本校は、阿弥陀仏の願いに生かされ、真実の道を歩まれた親鸞聖人の生き方に学び、「真実を求め、真実に生き、真実を顕かにする」ことのできる人間を育てます。
 この建学の精神を校是とし、これを実現するための日常の心得として、次の三つの「大切」を掲げ、これらを本校生徒の“心”とし“生き方”といたします。

          ことばを大切に じかんを大切に いのちを大切に

  あわせて本校に設ける中高一貫コース、選抜特進コース、プログレスコース及びアスリートコースでは、自己の進路や生き方を主体的に選択し、人生の上での遠い未来を見据え、自己の将来設計を実現していく自己実現力の醸成に努め、本校卒業という近い将来においては、大学進学においてのみ進路実現を図るという学習の体系を構えています。したがって、毎年の卒業生たちの進路実績は、本校教員が精魂こめて展開した授業実践の成果であり、生徒たちが発展的に取り組んだドラゴンゼミ(体系化された進学保障のための学習講座)や大学入試模擬試験(自己の学力を全国規模で確認する実力確認テスト)の結晶でもあります。 教員は日々の授業に全力を傾注いたします。魅力ある奥行の深い、幅の広い授業を通じて、自ら学び自ら考える生きる力を身につけ、自己の将来設計を実現していこうとする生徒たちを指導・援助いたします。
 生徒は、文武を併修して両道を極める努力を惜しみません。日々の学習への真摯な取組みに励む中で、学校行事や部活動にも持てる力の全てを注ぎ、まさに文武に秀でた人間力の形成に努めます。

 140年を超える歴史を誇り、40,000人をはるかに超える卒業生の皆様は、国内外を問わず政財官学界やスポーツの世界等で輝かしいご活躍をされております。この“平安”の校長を拝命いたしましたことは、まさに身が引き締まる思いですが、精進努力を重ねて、本校の発展に少しでも寄与できればと思います。
 ご理解とご支援、ご指導とご鞭撻の程、何卒よろしくお願い申し上げます。


このページのトップへ