記事一覧

本日の仏参

本日は数学科の角先生の講話でした。

ファイル 843-1.jpg

日頃から「やってみよう解法」というスタイルで数学の問題を解説される角先生は、次のように話されました。

「皆さんは、失敗を恐れずにチャレンジできていますか?」
幼い頃、はじめは乗れなかった自転車に、転びながらも練習を重ねて乗れるようになったのではないでしょうか。しかし大人になればなるほど、失敗を恐れて徐々にチャレンジできなくなってしまいます。
高校生はまだまだ失敗が許される時期です。先生や親は失敗をフォローするためにいます。臆さず、いろいろなことにチャレンジしましょう。「これからが、これまでを決める」

キャンパスビジットⅡ 理系 瀬田学舎

10月11・12日の二日間,「キャンパスビジットⅡ」のため龍谷大学瀬田キャンパスに行ってきました。
今年度から理系クラスも2日間の開催となり,学部説明・模擬授業・施設見学と貴重な経験ができました。
なかでも二日目に行われた『サイエンスカフェ』は,普段とは異なる雰囲気での講義に,生徒達もリラックスした状態で,大学でのまなびに触れることができました。
今回の経験を,将来の進路選択に活かして欲しいと思います。

模擬講義
ファイル 842-1.jpg
施設見学
ファイル 842-2.jpg
サイエンスカフェ
ファイル 842-3.jpg

キャンパスビジットⅡ

今日と明日は「キャンパスビジットⅡ」を行います。
キャンパスビジットはプログレスコース生全員が龍谷大学で模擬講義や施設見学を行い,来たるべき龍谷大学の学部選択の一助となるよう行われる高大連携教育プログラムです。
1年生の時にもありましたが,2年生ではより学部選択を考えるために,大学の先生による模擬講義を2日間で4コマ(4学部)うけるというものです。
文系クラスは深草キャンパスで,理系クラスは瀬田キャンパスでの実施となります。

龍谷大学での仏参に参加
ファイル 841-1.jpg
全体説明
ファイル 841-2.jpg
模擬講義
ファイル 841-3.jpg ファイル 841-4.jpg

本日の仏参

 本日からいよいよ本格的に後期の授業が始まります。2年生は仏参からスタート、心を落ち着けて一日を始めることができました。

ファイル 840-1.jpg

 本日の講師は数学科の久保田先生で、次のようにお話しくださいました。
 来年の今ごろは3年生として受験を強く意識している時期を迎えています。そこで、今、自分の足もとを見てほしい、つまり自らを省みてほしい。
現在タレントの篠原信一さんは、かつて内股を得意技とする柔道選手でした。しかし他の選手に研究されてその得意技がある時から決まらなくなったそうです。篠原選手は自らを省み、自分の得意技を見極め、さらに内股にみがきをかけてシドニーオリンピックに出場し、銀メダルを獲得されました。「自分を見極めるとは、自分の得意を伸ばすこと」です。

このことから、皆さんももし勉強でスランプに陥ったら、自分の得意科目を伸ばすことを考えてほしい。得意科目を伸ばせたら、その方法が他の科目でも活かせるものです。このことを心にとめておきましょう。

体育祭

ファイル 839-1.jpg

体育祭が行われました。当初は9月6.7日の開催予定でしたが,台風の影響で本日1日だけの開催となりました。

後期始業式

今日から後期の始まりです。
2限目に講堂にて高校生全員が集まり始業式が行われました。
ファイル 838-1.jpg
校長先生の式辞では,この度ノーベル賞を受賞された本庶佑先生についてふれられ,先生が座右の銘とされている「有志竟成」ということばを紹介されました。「強い志を持てば目的は必ず達成できる」という意味だそうです。
今日から後期が始まります。強い志と覚悟をもって学年後半を過ごしてもらいたいとおっしゃいました。
始業式の終わりには,この夏に全国でめざましい活躍をしたクラブを代表して硬式野球部主将とチアダンス部キャプテンによる挨拶が行われ,満堂の拍手のもと閉式となりました。
ファイル 838-2.jpg

e portfolio 説明会

ファイル 837-1.jpg

プログレスコースは,朝のSHR時に講堂にて「e・portfolio」導入についての説明会がありました。牧野進路部長より,導入の経緯や活用のされ方等の全般的なものでした。次週より,クラスごとに情報教室で,実際にどのような記述を行うのかの体験時間が設けられ,これから卒業するまでの間の活動を記録していくことになります。

本日の仏参

ほぼ2ヶ月ぶりに2年生の仏参が行われました。
本日は小須賀先生の講話でした。

ファイル 836-1.jpg

一週間前に開催された学園祭のことから、小須賀先生は次のように話されました。

学園祭という行事は授業やクラブでもなく、一人一人の個性が輝き、クラスの中での役割を果たす、という重要な行事です。
「指示されたことだけをやるのではなく、自ら仕事をみつけて分担し協力してクラスの作品を完成させる」というプロセスは、これからの進路実現の際や就職後の実務の場とも共通します。
例えばプログレスコースの皆さんが直面する、龍谷大学への進学を考えたとき、「大学へ進学するために何をすべきか、やらなければいけないことを考える」ことと同じです。

そこで、現時点での振り返りをこの機会にぜひやってみましょう。
①これまでの学園祭までの数ヶ月の取り組みで、自分ができた(実際にやった)こと、取り組むべきだったのにやれなかったこと。
②そろそろ高校生活の折り返し地点です。これまでの高校生活前半を客観的にみる。そしてこれからの後半の計画をたてる。

以上二点、本日の仏参ノートに記しましょう。

高2 演劇発表

学園祭の二日目、高2は演劇発表の本番を迎えています!

ファイル 835-1.jpg

学園祭始まる

ファイル 834-1.jpg

平成30年度の学園祭が始まりました。
写真は開会式の様子。

ページ移動