記事一覧

本日の仏参

 本日の仏参は大分県からお越し頂いた、川谷晃真先生のご講話でした。

ファイル 863-1.jpg

 川谷先生は阿弥陀さまとの出会いによって、日々の暮らしの気付きが変わったことを、次のようにお話しくださいました。

 何気ない通学途中、道でゆっくり行動されるお年寄りに、あるいは電車の中で泣き叫ぶ赤ちゃんに、不快感を持ったりイライラしたりすることはありませんか?阿弥陀さまの教えと出会い、川谷先生は「将来あなたも同じような姿になるのですよ」「昔あなたも同じだったのですよ」と阿弥陀さまに示されたように感じ、「お気をつけ下さい」「どうしてほしいのだろう、かわいらしいな」と思えるようになったそうです。
 こちらがお願いしていないのに、阿弥陀さまは「助けるぞ」と言わんばかりに、私たちの人生を本当の意味で導いてくださっています。

本日の仏参

本日の仏参は国語科の加来先生のご講話でした。

ファイル 862-1.jpg

加来先生は、大学時代にアルバイトで貯めた10万円で、フィリピンでの10日間音楽ボランティアに参加された経験から、次のようにお話しくださいました。

音楽ボランティアとは、音楽にあまり触れる機会のない子ども達に、オーケストラが演奏するという内容です。出かけた先はフィリピン。ハッピーランドという所は、足下に黒い油だまりがあるような場所。そこを通りかかると子ども達が寄ってきて勝手に靴磨きをし、“Give me money!”と要求してきたそうです。「こんな子たちに果たして音楽はつうじるのだろうか!?」と加来先生は不安になったそうです。訪れた小学校でオーケストラ演奏すると、子ども達はおそらくそんな習慣を知らないだろうにstanding ovation をして、目をキラキラと輝かせて拍手をして喜んでくれたそうです。
最後に訪れた小学校には日本人女性の先生が赴任しておられ、次のように問いかけられたそうです。「でも皆さんがこのボランティアに参加するために使ったお金をもし寄付されていたら、どれだけの命が世界で助かったか、想像できますか?」と。加来先生は演奏会の成功による高揚した気分に水を差されたようで、その時は少し不満を感じたそうです。
その後、帰国してしばらくしてフィリピンでの経験を思い出したとき、加来先生は気づいたそうです。「あの先生は、演奏会と子ども達の経験に満足された上で、『演奏してくれた若者たちにとって、単なる自己満足で終わらせてほしくない』という深い思いから話してくださったんだ。」加来先生は子ども達の笑顔を思い出しながら、あの言葉をかみしておられるそうです。
いよいよ来週は研修旅行にでかけます。
「10万円あったら、皆さんは何に使いますか?」この言葉を、自分に問いましょう。

本日の仏参

本日の仏参は三重県からお越し頂いた、藤野先生のご講話でした。

ファイル 861-1.jpg

藤野先生は、日頃からの関わりの深い双子の子どもさんについてお話しくださいました。

高校2年生の皆さんへ
「たとえ今 手を合わせることの意味がわからなくとも、いつか花ひらく時が来ます。」
藤野先生からのメッセージです。
これからも仏参には真摯に臨みましょう。

本日の仏参

本日は広島県呉市からお招きした、中村啓誠先生のご講話でした。

ファイル 860-1.jpg

中村先生は「友達」というビートたけし氏の詩を紹介され、次のようにお話し下さいました。
「友達」 ビートたけし
困った時、助けてくれたり
自分の事のように心配して
相談に乗ってくれる
そんな友人が欲しい
馬鹿野郎、
友達が欲しかったら、
相談に乗り
心配してやる事だ
そして相手に何も期待しない事
これが友達を作る秘訣だ

かつて暴力事件を起こし、芸能活動を停止して石垣島で隠棲していたたけし氏を、多忙な中でもはるばる東京から訪れたのが島田洋七氏でした。それも一度だけではなく二度までも。このような経験のあるたけし氏だからこそ、「友達」という詩が生まれたのでしょう。

仏さまも同じです。「たとえあなたが私を無視しても、私はあなたのことが気になります。世界中の皆があなたを見捨てても、私はあなたとともにいます。」と言ってくださっているのが阿弥陀さまという仏さまです。

本日の仏参

本日は新年最初の仏参で、鎌田先生の講話でした。

ファイル 859-1.jpg

「他の人に何が出来るのか」「自分に正直になろう」というふたつのテーマで、日頃考えておられることをお話しくださいました。
「他の人に何が出来るのか」という問いかけは、「マナーを大切に」に通じます。以前と比べて最近はずいぶん科学技術が進歩して、他の人に依存する必要性が減り、自分ひとりで何でもできてしまい自己中心的な考え方をする人が増えているように思います。社会の中では決して自分ひとりでは生きられません。身近なことでは、スマホ歩きをしていませんか?人混みの中で自分のリュックの厚みを忘れて、背負っていませんか?今一度、他の人と共に生きていることを考えてください。
次に、「自分に正直になろう」。これまで生きてきた上で今思うのは、「人生は短い」ということです。果たして悔いなく生きているだろうか、と自問自答しています。今やらねばならないことをやれば、それが将来の糧となります。「やったつもり」になっていませんか?自分に嘘をついていませんか?自分についた嘘は、いつか自分にかえってきます。
ともに努力をしあって、よりよい社会にしていきませんか。

本日の仏参

 本日は2年生で年内最後の仏参。ご講師は数学科の中村先生でした。

ファイル 858-1.jpg

 ここ数年、腰痛を患っておられる中村先生は整骨院に通院され、腰痛に効く軽い運動を「すぐやって下さい」とすすめられたそうです。「また時間がある時にやろう」と思われた中村先生は、次の治療時までやっていなかったそうです。次の治療時に「いつでもできるかんたんなものなので、すぐやってください」と言われたそうです。「すぐやる」ということに対して、中村先生と整骨院さんとの認識の違いを感じられたそうです。
 また、〆切が決まっている提出課題について、ある生徒は期限の1週間ほど前に提出したそうです。しかし内容にはまだ改善の余地があったため、中村先生はその生徒にアドバイスして、改善してさらに充実した課題が提出されたそうです。このように、時間に余裕があるとチャンスが広がることがあります。
 すぐやるかやらないか、判断する時には「今やるのは面倒くさいな、嫌だな」あるいは「よし、やろう」と思うか、感情が左右します。この感情をコントロールできれば、習慣はかえられるのではないでしょうか。
 そして、すぐやるからその事が好きになり、適性がうまれてくるかもしれません。
 皆さんはそれぞれいろいろな局面にありますが、いつやるの?「今でしょ」。

学部・学科ガイダンス

本日は,高大連携教育プログラムの一つ,学部・学科ガイダンスに行ってきました。

ファイル 857-1.jpg

希望する学部のガイダンスを受け,進路選択に向けて貴重なお話を聞くことができました。
今後の進路選択に生かして欲しいと思います。

また理系生徒は,本校3年生による理数研究プレゼンテーションにも参加してきました。

ファイル 857-2.jpg

3年生が緊張しながら,一年間の成果を発表する姿を見て感動していました。
今回の経験を生かし,次年度はみなさんが頑張って研究しましょう。

JeP講習会

ファイル 856-1.jpeg

本日はSUT1日目でした。実力は発揮できたでしょうか?
テスト終了後、特進クラスの生徒対象にJAPAN e PORTFOLIOについての説明会が行われました。

JAPAN e PORTFOLIOとは、デジタル版の活動報告です。
学校生活でみなさんがどのような活動をしたのか、どんな資格を持っているのか、といった様々な事柄を記録に残していくものです。
これからの入試ではこのJAPAN e PORTFOLIOが必要になる大学もあります。
もしこの活動報告が直接試験に使われなかったとしても、
どの段階でどのような進路選択をしているのか、といった自分の振り返りを行うこともできます。
入試直前に慌てて作成するのではなく、コツコツと日記のように記録を残しておくことが大切です。

もう高校二年生も終わりに近づいています。受験生としての自覚を持って、できるところは積極的に取り組んでいきましょう!

本日の仏参

本日の仏参は、社会科の石原先生の講話でした。

ファイル 855-1.jpg

石原先生は、今月の聖語「田あれば 田に憂へ 宅あれば宅に憂ふ」から、次のようにお話し下さいました。

「スマホあれば スマホに憂ふ」最近のデータで、高校生のスマホ使用時間は一日に5時間以上、なども挙がっており、スマホ依存症に対応する科を設置する病院もあるようです。その科の患者は高校生の割合が一番高いとのこと。たしかにとても便利ですが、弊害も多いスマホの存在。使い方を誤らないように心がけましょう。

また、スマホ使用に伴って浮かび上がっているのが、「本を読む人が減っている」という現状です。1年間本を読まない人が約50%というデータもあります。本を読んでいる時には、脳が活性化している状態だそうです。本には、自分で経験できない事が記してあるので、最近本をよく読まれるそうです。その中で、山下弘子さんの『雨上がりのひまわりのように』から、当たり前のように思う日常のことは当たり前ではなく、ありがたいことと感じられました。

皆さんも今日、家に帰ってひとつひとつの「当たり前のこと」を振り返って、感謝してみませんか?

研修旅行事前学習 沖縄コース

ファイル 854-1.jpgファイル 854-2.jpg

本日の沖縄コースは2日目の「班別自主研修」についての説明と話し合いでした。この研修は,班ごとに研修目標を決め,班員で話し合いをしながら計画を立てて行います。生徒たちは,自分が行きたい場所だけでなく,班員の声にも耳を傾けながら,話し合いをしていました。次回の事前学習までには,より詳しい沖縄の情報を集め,計画を練ってくれることを期待しています。

ページ移動