記事一覧

夏休み前最後の仏参

ファイル 882-1.jpg

本日の仏参は4組担任、宗教科の石川先生でした。今月の聖語である「他人の過失を見るなかれ・・(中略)・・ただ自分のしたこととしなかったことだけを見よ」からのお話で、ろうそくを囲んで座る無言の行からの教訓をわかりやすく話され、人は自分のことはさておき、他人の悪いところばかりを見て非難したり、また逆に他人のいい所をねたんでみたりすることがよくあるので、まずは自分を見つめてやるべきことをしっかりやっていこうと諭されました。学年が一同に集まるのはこれで一区切り、次は9月です。夏休み前、一度自分の生活を見直し、2年生後半に備えてください。

2019.6.25 仏参

ファイル 881-1.jpg

本日の仏参は、約1か月ぶりに行われました。
様々な行事があり、なかなか火曜日に仏参を行うことができなかったためです。

本日は、3組担任、英語科若宮先生より御法話いただきました。
“教員”という職業について話をされました。
教員はマイナスなことばかりニュース、話題になりがちです。
最近では、教員採用を受ける人自体が減ってきているそうです。
なりたくない職業にもランクインするほど・・・。
若宮先生はその事実が残念に思うこと、そして自分の体験から、教員という職業には良いことも沢山あることを伝えてくださりました。

何事も、ニュースで聞いたこと、知ったことを、そのまま鵜呑みにすることが正しいのか・・・
良くない面だけでなく、良い面も考えてみるべきだと考えさせられました。

芸術鑑賞

ファイル 880-1.jpgファイル 880-2.jpg

本日は芸術鑑賞日です。
プロの劇団の方々が本校講堂にて「オールライト」という演目で2時間の舞台を鑑賞させて頂きました。
主役は高校生。様々な葛藤をもった人が一つ屋根の下に偶然暮らしていく。そこからスタートしました。

丸々2時間の舞台、みんな惹きつけられて自然と集中して鑑賞していました。
くすっと笑う場面も多々ありましたが、それ以上に、感じるものが各々あったように思います。

また、高校2年生は文化祭で演劇をするということから、鑑賞のあと、クラス代表者が役者さんに直接質問したり、舞台上に実際にあがり、大道具の仕組みなども教えてもらうことができました。

今日の芸術鑑賞で感じたこと、また、文化祭に向けて学んだこと、様々な面で有意義な時間を過ごせたことと思います。

春の人権学習

ファイル 879-1.jpg

年2回ある学校全体の人権学習が1,2限を使い講堂で行われました。今回は愛知より佐野有美さんに来校頂き講演をして頂きました。有美さんは先天性の四肢障害である自分の生き方について話をフレンドリーに生徒の心に寄り添いながら話されました。
諦めない心を大切に、そして言葉を大切に。その事を強く感じた講演でした。
彼女が最後に話された4つの言葉は私も大切にしていることでビックリしましたが本当にみんなに理解して自分のものにして欲しいと思います。
“ありがとう”の言葉を使う。“ありがとう”を言われたら必ず嫌な気持ちにはならない。そうすれば“笑顔”になれる。“笑顔”になれたら“支える心”が生まれそれがやがて“寄り添う心”になってみんな優しい心になれる。
“ありがとう”の言葉を使いましょう。
そして感謝の心を持とう。そうすればみんな“笑顔”でいれます。
それを思春期のHEIANのみんなに伝えてくれた良い講演でした。

2019.5.28 仏参

ファイル 878-1.jpg

本日の仏参は、2組担任武内先生より御法話いただきました。

スピーチの冒頭、ご自身への戒めの話でもあると前置きをされてからお話いただきました。

「すぐに結果が出ることを求めてはいけない」

 我々の周りには、スマホやゲーム、テスト対策用のプリント、ダイエット方法、カップラーメンなど「結果がすぐに現れるもの」であふれており、誰もが好んで飛びついてしまう傾向にある。しかし、「なぜ?」という思考がないと、わかった気になるだけで、同じミスを繰り返してしまう。
 しっかりと自分の頭で考えるためには、時間を必要とする場合もあるが、諦めずにトライしていけばいずれ「考えられる自分」になることができ、自然に苦もなく考えられるようになるはず。他人の成功体験と同じことをして、自分も成功するとは限らない。すぐ答えを他人に任せるのではなく、自分で考えて答えを導き出せるようになってほしい。

 我々は普段の生活の中で、便利なものに囲まれていますが、忘れかけていた大切なものの存在に気づかされた法話でした。

HMS来校

ファイル 877-1.jpgファイル 877-2.jpgファイル 877-3.jpg

昨日15日、恒例となりましたハワイのHongwanji Mission School修学旅行ご一行様が本校を訪問され、本校の生徒と文化交流を行いました。PBAとのビデオカンファレンスを受講している12名が1時間目の校舎案内と4時間目の昼食交流を担当し、英語で案内をしました。楽しい時間はあっという間に過ぎ、昼休みに記念撮影をして別れを惜しみながらお見送りをしました。2年後、今度はPBAからの交換留学生となってまた平安に戻って来てくれることを楽しみに待っています。

プログレス 進路ガイダンス

ファイル 876-1.jpg

本日6限に,進路ガイダンスを開催しました。
龍谷大学の求める人物像,必要とされる能力および成績を今一度確認する時間となりました。

ギリギリをねらっていては,進学後大学での学びについていけないかもしれません。
自分から学ぶ姿勢を2年生でも育んで行きましょう。

2019.05.14 仏参

ファイル 875-1.jpg

本日の仏参は1組担任,廣瀬先生より御法話いただきました。

2年生となり,高校へ入学してから3年生の卒業や部活の引退までの期間の折り返し地点へ到達しようとしています。
山登りにたとえて,今までは登り。折り返しが頂上。これからはくだり。と表現されました。
時間は等しく流れていきますが,今までの登りはゆっくりと感じられ,これからのくだりは早く感じられます。
与えられた時間をどう使うのか。求める結果を得るためには早く過ぎ行く時間の中で,やるべきことをしっかりとおこなわなければならない。
教員は応援することはできるが,やるのは自分である。と伝えられました。


旅行でも行きと帰りでは体感時間が違うことを思い出しつつ,これからの折り返し,やらねばならないと,私自身の身も引き締まるお話でした。

日本史A授業の一コマ

高校2年生選特・一貫コース文系には、日本史Aという授業があります。
今年度はグループで調べ学習を行って、その内容をクラスの前で発表します。

ファイル 874-1.jpg ファイル 874-2.jpg

今回は「第一次世界大戦」が大テーマでした。世界史B選択者、日本史B選択者がそれぞれの視点で小テーマに取り組んでいます。
年間4回の発表を通して、人に効果的に情報を伝えるスキルも磨いていきましょう。
聴講者も真剣に聴き入っていました。

本日のLHRの様子

ファイル 873-1.jpgファイル 873-2.jpg

本日の6時間目LHRは来月にある校外学習についての事前学習でした。
プログレス・特進コース全員揃って、講堂で説明を聞きました。
高校2年生は、保津川下り、嵐山散策となっています。

なぜ保津川下りがあるか、また、嵐山や嵯峨野の仏教寺院の寺院の歴史など、勉強しました。
簡単にしか触れていないので、これからの計画でしっかり各班で調べてもらいます!

クラスでの初めての校外学習。
学びももちろんですが、仲間との交流も深めていってほしいと思います。

ページ移動