記事一覧

いよいよ龍谷平安の夏がはじまります!

週があけると夏休み前最終の授業週間となります。

この夏、すでに卓球部、柔道部、陸上競技部とフェンシング部が全国高校総体への出場権を獲得しています。全国高校総体(インターハイ)は南九州大会です。陸上競技は沖縄県での開催。その他の三競技は鹿児島県での開催となります。
選手たちは、全国上位入賞を目指して日々の練習に励んでいます。心より健闘を念じます。

チアダンス部も全国大会出場です。全国中学校・高等学校ダンスドリル選手権大会が、8月9日(金)から3日間、丸善インテックアリーナ大阪で開催されます。昨年は、中高共に総合優勝を獲得しています。素晴らしい報告がお盆前にできることを楽しみにしています。

写真夏の甲子園101回大会の京都府予選もすでに始まっています。天候が心配されましたが、7月6日(土)には予定どおり盛大に開会式も挙行されました。約100名の本校女子生徒が参加各チームのプラカードを持って入場行進を先導したことはご承知のことかと思います。硬式野球部は、3期連続の甲子園大会出場を目指して、すでに一回戦に勝利をおさめています。
炎天下の甲子園での応援、もう覚悟はできています!

今年の夏も龍谷平安にとって最高の夏となりますことを信じて疑いません!! 
ご声援、ご支援をよろしくお願いいたします。

第1回入試報告会を開催いたしました!

写真6月30日(日)、本校は第1回入試報告会を開催いたしました。昨年までは「学校説明会」としていましたが、9月15日(日)の『龍谷平安オープンキャンパス』をはさんで、それ以前は『入試報告会』、以後は『入試説明会』とさせていただいております。
当日は史上最も遅いといわれる入梅直後の”大雨”の予想。一時はどうなることかと心配いたしましたが・・・・・・
午前10時からは小学生とその保護者の皆さま対象の、午後1時からは中学生とその保護者の皆さま対象の報告会です。校長挨拶の後、学校の概況や生徒の学校生活の様子を紹介し、さらに入試広報部長からこの1月、2月の中高それぞれの入学試験の結果やその分析を説明させていただきました。また、講堂での報告会の後は、個別相談や校舎見学も実施いたしました。
本当にお天気の悪い中、午前午後あわせておよそ400組、約1,000名を超える皆さま方にお出でいただきました。ありがとうございました。
第2回入試報告会は、7月20日(土)に中学説明会は午前10時から、高校説明会は午後1時から開催させていただきます。ご報告の内容は6月30日の第1回目と同じ内容です。
悪天候のため、またご都合により第1回目にお見えにならなかった皆さま方のご来校を心よりお待ち申し上げております。

龍谷平安 そこには何かがあります、キッと!

春の人権学習 - 佐野有美さんの講演会開催!

人権について考えることは、また人権を尊重することは、日時や期間が限定されるものではなく、常日頃からその意識を高めようとしなくてはならないことがらです。私たちは、さまざまな「違い」があることを理解し、お互いを認め合い、「差別をしない、させない、許さない社会」を実現するため、不断の努力を怠ってはならないと思います。

6月18日(火)午前中に『春の人権学習』を実施いたしました。テーマは「日々感謝して生きる! そしてあきらめないで夢の実現へ!!」です。

この学習会には車椅子のアーティスト 佐野有美さん に来校していただきました。有美さんはいいます。「私は手足がなくても笑っていられます。それは目標をもって毎日を楽しく過ごしているから。人にはそれぞれ役割があってこの世に生まれてきています。この体で生まれてきた私だからこそ感じられる人々の優しさや愛情、勇気や希望など、笑顔を通して皆さまに届けたいと思っています。」
有美さんの思いを、伝えたいことをしっかりと受け止めたいと思います。

<佐野 有美 さんのプロフィール>
写真愛知県出身。先天性四肢欠損症で生まれ,あるのは短い左足と3本の指のみ。高校在学中,チアリーディング部に所属し,地元マスコミで話題となる。高校卒業後,事務職を経験したのち,本格的に講演活動を開始。その後,声をいかしアーティストとしても脚光を浴びる。2011年6月,自らの詩集『あきらめないで』から選ばれた詩が曲になり,㈱テイチクエンタテインメントからCDを発売。アルバム「あきらめないで」は2011年,第53回,輝く!日本レコード大賞の「企画賞」を受賞。リリースした曲はすべて自身の作詞によるもので,多くの人に歌で気持ちを伝えたい,と意欲を見せる。現在,テレビ・新聞・雑誌などメディアの取材や多方面から歌や講演依頼を受ける。2015年には,東京コレクションでモデルとして起用され,NHKではドラマのヒロインとして抜擢され演技でも高評価を受ける(Eテレバリバラ特集ドラマ)。

第14回京都私学振興会賞を受賞!

ファイル 398-1.jpgファイル 398-2.jpg

6月16日(日)午後2時から京都府私学会館において第14回京都私学振興会賞の授賞式が開催されました。
本校からは、昨年度の実績に基づいて、「文化スポーツ活動賞」分野において、高等学校1年生フェンシング部の飯村一輝君と高校・中学のチアダンス部(チーム名:MADDERS)が晴れの受賞を果たしました。
写真フェンシング部飯村選手は、中学1年次より年齢制限のない全日本フェンシング選手権大会に出場し、上位進出を果たしてきました。数多くの国際大会にも出場し、中学2年次に2017フェンシング男女フルーレ欧州カデサーキットドイツ大会では個人第3位に入賞を果たし、同大会では日本代表Aチームメンバーとして出場し、優勝。中学3年次には、東日本フェンシング選手権大会、中日本フェンシング選手権大会及び第4回全国中学生フェンシング大会においてそれぞれ優勝を果たすなど、国内外を問わず着実に挙げた実績が評価されたものです。
写真チアダンス部MADDERSは、本校を代表するクラブ活動のひとつで、学校行事はもちろんのこと、京都府内外での企画イベントにおいても招待・招聘をうけ、日ごろの鍛錬の成果を発表することに努めています。昨年度、国内最大級のダンス大会のひとつであるダンスドリル選手権大会において、中学・高校共に団体総合優勝を果たしました。また、国内チアダンス競技の最高峰である全日本チアダンス選手権大会おいてもPom部門高校生Medium編成で優勝、高校生Small編成で準優勝の成績を収めました。さらに競技の本場アメリカ西海岸に本部を置く United Spirit Association (USA) 主催の大会でも優勝し、フロリダ州オーランドで行なわれた全米チアダンス選手権に初出場を果たしています。

本当におめでとうございました!
これ以外に添える言葉もございません。

2019 来て!見て!発見!! 私学フェアKYOTO

ファイル 397-1.jpgファイル 397-2.jpgファイル 397-3.jpgファイル 397-4.jpg

397-4.jpgはクリックしてください。写真をご覧いただけます

6月9日(日)午前10時から午後4時まで岡崎公園みやこメッセ1階展示場を会場として”君の個性に合う学校は?”をテーマに京都府私立中学高等学校連合会主催の「私学フェアKYOTO」が開催され、大盛況の内に終了いたしました。会場には、パンフレットコーナー、生徒コーナーと学校相談ブースが設けられ、午前10時の開会と同時に会場内は超満員の大盛況でした。
また、生徒コーナーのステージでは参加校のブラスバンドやダンス部などのパーフォーマンスがあり、参加各校の生徒の皆さんが創意を凝らした舞台発表を行ないました。本校のパーフォーマンスは吹奏楽部とチェアダンス部のコラボ発表で、甲子園での野球応援を再現したもの。会場に響く「妖しい曲」、重低音のボレロ風演奏がひときわ会場を圧倒しました。甲子園での龍谷平安の熱闘が目に浮かぶようでした。生徒コーナーの生徒会役員の皆さんも大活躍!生徒目線での龍谷平安のもの凄い魅力を十二分にアッピールしてくれていました。ありがとうございました、お疲れ様でした。
学校相談ブースは長蛇の列、合計324組およそ1,000人近い小学生・中学生とその保護者の方々に詰め掛けていただきました。待ち時間が1時間近くに及ぶこともあったかと存じます。ご迷惑をおかけいたしまして本当に申し訳ありませんでした。対応させていただいた教職員もその大半は昼食をとる余裕もありませんでした。中には6時間ぶっ続けで対応させていただいた先生もありました。うれしい悲鳴です。満足感のある疲労が体に染みました。

京都の私学は元気です。個性ある多くの私学が君たちの個性との出会いを求めています。
がんばれ受験生!

興味があれば次にもアクセスしてください。

京都府私立中学校高等学校連合会
https://www.kyotoshigaku.gr.jp/

龍谷大学付属平安高等学校・中学校
http://www.heian.ed.jp

宗祖降誕会を勤修いたしました!

ファイル 396-2.jpgファイル 396-3.jpg

5月21日(火)午前10時から本館3階講堂で宗祖降誕会を勤修いたしました。なお、高校1年生は御本山での宗祖降誕会奉讃法要に参席させていただきました。
この日は本校の開校記念日でもあります。
また、正午からは礼拝堂で本校教職員の永年勤続表彰式典も、龍谷大学藤原副学長の臨席の下、開催いたしました。

浄土真宗を開かれた親鸞聖人は1173(承安3)年5月21日、京都の日野の里でお生まれになりました。日野の里では、江戸時代からご誕生をお祝いする行事が行なわれていたようです。
本願寺における宗祖降誕会、1874(明治7)5月21日、本願寺第21代宗主明如上人によって営まれました。現在では、5月20日・21日の二日間、法要をお勤めされています。<「宗祖降誕会」(西本願寺)より>
本校では、毎年5月21日に全校生徒・教職員による宗祖降誕会を勤修いたしています。

【式 次 第】
開 式 の 言 葉
1 行 事 要 文
2 献 灯 ・ 献 華
3 「 敬 礼 文 」・「 三 帰 依 」・・・ 導師焼香
4 「 さんだんのうた 」・・・ 校長、生徒代表焼香
5 「 念 仏 」
6 「 宗 祖 降 誕 会 の 歌 」
7   法 話 ・・・ 浄土真宗本願寺派布教使 花岡尚樹先生
8 「 恩 徳 讃 」
9 「 校 歌 」
10 合 掌 ・ 礼 拝
閉 式 の 言 葉

【行事要文】
写真平安時代の末期、政治は混乱を極め、戦乱が絶えることなく、天災が相継ぎ、人々は不安な生活を送っていました。そのような時代に、浄土真宗の宗祖親鸞聖人は、京都日野の里で誕生されました。1173年5月21日のことです。
親鸞聖人は、9歳の春、出家得度し、比叡山の僧侶となられ、およそ20年間学問と修行に励まれました。しかし、迷いを離れる道を見出すことができずにおられた29歳の時、法然聖人に出会われ、阿弥陀仏の本願を信じ、念仏する身となられたのでした。
念仏者、親鸞聖人の誕生でした。
その後、90年の生涯を終えられるまで、結婚して家庭をもち、妻を愛し子どもを育て、人間親鸞として人生を歩みながら、お念仏を喜ばれました。そして、いかなる人間でも、あゆむことのできる仏の道、南無阿弥陀仏のみ教えを、不安と苦悩の世に生きる人々に伝え広めていかれたのです。
親鸞聖人のご誕生からおよそ700年後の1876年、浄土真宗のみ教えを建学の精神に掲げ、本校は誕生しました。
本日は、お念仏の教えをお示しくださった親鸞聖人のご誕生をお祝いする行事であり、そのみ教えを建学の精神に謳う本校の開校記念を共に祝う日でもあります。

※ 上段右の写真はご本山での奉賛法要の様子です
※ 文中挿入写真は『鏡の御影』-西本願寺- です

MADDERS 国際ソロプチミスト京都-西山 Sクラブに認証!

写真5月18日(土)午後2時から国際ソロプチミスト京都-西山による本校チアダンス部MADDERSへの『Sクラブ』認証式が行なわれました。

国際ソロプチミストとは、1921年アメリカのカリフォルニア州オークランドで最初のクラブが創始されました。女性によって組織された奉仕団体で国連の協議資格を持っています。ソロプチミストという語は、ソロ(姉妹)とオプチマ(最善)という2つのラテン語から作られたもので「女性にとって最善のもの」という意味です。現在世界では132の国と地域に3,103クラブ約75,000人、日本では493クラブ約10,000人の会員が所属し、人権と女性の地位向上を目的に、理解促進、提唱、活動を通じて女性のグローバルボイスとなるよう奉仕活動に努めています。
国際ソロプチミスト京都は、1964年創立、1966年国際ソロプチミスト東京のスポンサーで認証を受けた日本3番目のクラブです。「女性と女児の生活向上」「女性と女児のための教育の向上」を理念に、活発な奉仕活動を展開中です。

写真この度は本校のチアダンス部MADDERSが国際ソロプチミスト京都-西山様から学校教育活動(クラブ活動)を通じて社会奉仕に貢献する団体として『Sクラブ』の認証を受けました。『S』はService(奉仕)、Society(社会)、School(学校)の S です。
認証式では、国際ソロプチミストアメリカ日本中央リジョンのスポンサーシップ委員長 北口 様からSクラブ会員認証が行なわれ「認証状」が授与されました。また、国際ソロプチミスト京都-西山の井上会長様からも認証祝金の御贈呈を受けました。
本当にありがとうございました。

MSDDERSは今後もチアダンス活動を通じて立派に社会奉仕に貢献してまいります!

土って素敵 -学校では教えない本当の話-

写真5月17日(金)午後4時から本校本館地階のLL教室で『龍谷大学農学部アグリカフェ Agri Cafe 』が開催されました。この催しは、本校の教職員が龍谷大学農学部の先生方から「農学体験、してみませんか!」ということで定期的?にお茶をしながら気楽に農学に関するユニークなお話を聞こうとするものです。
今回の講師の先生は、玉井 鉄宗 先生です。先生は、奈良県のご出身で、神戸大学大学院で食物栄養学を研究された後、高校の理科の教員を経て、現在は龍谷大学農学部資源生物科学科の講師としてご活躍中です。
テーマは「土って素敵!!」
先生のご案内は、次のとおりです。

 皆さんは、世界を正しく理解しているでしょうか?学校では教えない視点から世界を眺めてみると、とてもおもしろくて、キラキラした世界が広がってきます。
 例えば「土」。「土」は汚いものの代名詞にように扱われることも多いですが、「土」は複雑な化学物質の塊であり、一種の生命体でもあります。それが、私たちの命と深い関わりをもっていることに気づいた時、「土」に対する見方が180度変化します。
 今回のアグリカフェに参加していただければ、きっと「土って素敵」、「土についてもっと勉強してみたい」と思ってくれる人が増えることでしょう。

写真先生は工夫を凝らして、土中の微生物の存在などを紹介していただいたり、畑の畝間の溝を1.5-2mの深さに掘り下げる立体農法などについても紹介してくださいました。
私は農家の出で、いまも休日には農業で苦しむ?!日々を送っています。大根などの根菜類の栽培には畝間の溝掘り(中掘り)をするのですが、その必要性についてもよく学ばせていただきました。単にお年寄りからの口伝と思っていたことに、思いのほかの科学的合理性があることが理解でき、本当に興味深いアッという間の一時間でした。

龍谷大学提灯行列に参加しました!

ファイル 393-1.jpgファイル 393-2.jpgファイル 393-3.jpgファイル 393-4.jpg

5月8日(水)午後7時から円山公園音楽堂より四条通、河原町通を経て京都市役所前まで龍谷大学恒例の「提灯行列」が行われました。
これは、浄土真宗の宗祖親鸞聖人のお誕生日をお祝いする降誕会の記念行事の一つで、本校からは校長の私と田中事務長を含めて4名の職員が参加いたしました。
沿道には外国人観光客がいっぱい!ほとんどの皆さんが龍大ブラスバンド部の演奏する軽快なリズムと華やかなチアガールに先導された凡そ300名の提灯行列にもれなくカメラを向け、中には行列に並行して最後まで撮影し続ける方もおられるほどでした。
この行事は、龍谷大学の学生が主唱して始まったとか、もう30年以上に及ぶ恒例行事だそうです。

本校では、再来週火曜日5月21日の開校記念日に宗祖降誕会を執り行います。

中高合同防災訓練を実施しました!

ファイル 392-1.jpgファイル 392-2.jpg

5月8日(水)「花まつり」勤修の後、午前11時30分から、京都市内を震源地とするマグニチュード8クラスの直下型地震が発生したとの想定の下、中高合同の防災避難訓練を学校をあげて実施しました。この訓練には京都市下京消防署の隊員の方々ご協力を得て、グランドへの避難完了の後、ご講評もいただきました。
総じて緊張感のある整然とした訓練が実施できました。
避難訓練の後、中学生全員は火災発生を想定して初期消火の実技訓練も実施し、こちらも消防署員の指導も得て、必要な知識と実技を身につけたことと思います。

2030年代にはかなりの高い確率で東南海・南海沖地震が発生されると予想されています。生徒達が30歳代になったころでしょうか。
今日のこの日の訓練が何とか役に立つことを念じるばかりです。

でも、地震の発生がなく、この日の訓練が無駄になってほしいと願うのが本音です!

ページ移動