記事一覧

100回大会で100勝達成!

ファイル 328-1.jpgファイル 328-2.jpgファイル 328-3.jpgファイル 328-4.jpg

とうとうやりました!

硬式野球部が、第100回全国高等学校野球選手権記念大会一回戦第7日目の8月11日(土)第1試合(対鳥取城北戦)に劇的なサヨナラ勝ちをおさめ、念願の春夏通算甲子園100勝を達成いたしました。
ご承知のとおり、8回までは2対2の一進一退を争う緊迫したゲーム展開でしたが、9回裏の二死から二番バッターの三塁戦を破る痛烈なヒットで本当にこれ以上ないほどの劇的な勝利をおさめたものです。
2点を先行する中でなかなか追加点を上げられず、8回表に同点に追いつかれたときには、正直悪夢も胸を過りました。監督や選手の皆さんには本当に申し訳なかったと思っています。
一回戦は平安のために!二回戦・三回戦は京都のために!!がチームの合言葉です。二回戦を勝利すると京都府代表チームとして夏の甲子園通算120勝、三回戦を勝利すると同じく京都府代表チームとして春夏の甲子園通算200勝となります。この記録も何とか平安の手で達成したいと、選手諸君は燃えています。
一回戦に増しての応援をよろしくお願い申し上げます。

龍谷平安は凛としてたたかいます!

幸先のよい全国完全制覇!

写真
 チアダンス部が中学・高校ともに全国制覇を達成しました。
 7月下旬から8月当初に開催された第8回全国中学校ダンスドリル選手権大会と全国高等学校ダンスドリル選手権大会2018で、本校の中学チームは2年連続となる団体総合優勝、高校チームも見事に同じく団体総合優勝を果たし文部科学大臣杯を獲得しました。
 個人の部においても、中学2年生の 柴田 華 さんが優勝、高校部門においては、1年生ながらも見事に 粟井 ひまり さんが第2位に入賞しました。

詳細は、次をご覧ください。
□ 中学生大会 https://www.asahi.com/articles/ASL704D7SL70ULPI009.html
□ 高校生大会 https://www.asahi.com/articles/ASL822Q6DL82ULPI002.html

 本校チアダンス部は、吹奏楽部と並んで甲子園野球大会の応援の主力です。
 全国制覇を目指す野球部を全国制覇のチアダンス部が必死の応援!
 
 これ以上にない舞台が出来上がりました!

※ 上の写真は、部員代表が優勝報告のため校長室に来てくれた時のものです

春夏通算74回目の甲子園が決まる!

写真
龍谷大学付属平安高等学校硬式野球部の甲子園出場は、夏の大会は34回目、春の選抜にはすでに40回出場していますので、春夏通算では74回目の出場となります。
甲子園での「勝ち」試合数は、夏は59回、春は40回。なんと通算99勝に及びます。
100回大会で100勝! これが平安の京都大会大躍進の原動力です。言葉を極めると”執念の源”でした。
なお、甲子園大会の歴史の中で、歴代の京都代表チームの「勝ち」試合数は、夏は118勝で春は79勝、通算197勝です。今次100回大会で平安が2勝すると京都府通算120勝、3勝すると春夏通算200勝となります。何とかこれらの大記録も平安の手で達成したいと念じています。
スゴイ選手たちです。偉大な監督です。ご声援、ご支援を本当によろしくお願いいたします。

第100回夏の甲子園大会京都府予選 いよいよ佳境に!

ファイル 325-1.jpgファイル 325-2.jpgファイル 325-3.jpgファイル 325-4.jpg

7月19日(木)、本校硬式野球部は第100回全国高等学校野球選手権大会京都府予選大会のベスト8に進出しました。次戦はいよいよ春の選抜大会出場校、京都府立乙訓高等学校硬式野球部との対戦で、ベスト4出場をかけることになります。
高温注意報の出る中、本日の大会から応援にブラスバンド部が参加し、部員や保護者の方々の応援に華やかさと力強さが加わりました。
そのせいもあってか試合は大勝! いよいよ”平安の夏”が佳境へとはいって行きます。
試合終了後は、対戦相手の大谷高校応援団との間でお互いの健闘を讃えあうエールの交換。熱戦のあとに一陣のさわやかな風が吹きました。

写真
7月16日(月)、元阪神球団の桧山進次郎氏が大会会場わかさスタジアム京都で始球式を行われました。これは、当初の予定では大会開会式に行われるものでしたが、西日本豪雨による開会式順延の関係で、当日に実施されることとなったのです。
言うまでもなく「悠久の若虎」桧山さんは平安中学・高等学校の卒業生(昭和62年卒)で、いまも硬式野球部員の憧れの的です。
衰えを知らない豪快な投球はどれほど本校の部員を勇気付けたことでしょうか!


”平安の夏”はいよいよ佳境へと入って行きます。

東京ドーム野球殿堂博物館に平安ユニフォームが!

ファイル 324-1.jpgファイル 324-2.jpgファイル 324-3.jpgファイル 324-4.jpg

過日、所用があり東京に行きました折、東京ドームの一角にある野球殿堂博物館を訪れました。と言うのも、現在、この殿堂博物館では特別企画「夏の甲子園100回大会」展が開催されているからです。
この特別企画展は、9月30日(日)までの間、公益財団法人野球殿堂博物館主催、公益財団法人日本高等学校野球連盟・朝日新聞協力で開かれているもので、1915(大正4)年の第1回から第100回までの全国高等学校野球選手権大会の歴史をたどることができます。その中では、各都道府県の最多出場校のユニホームが一堂に展示されていますが、龍谷平安の野球部はもちろん全国で3番目、京都府では最多出場の33回出場を果たしていますので、立派に堂々と我が平安のユニホームが展示されていました。

左上の写真:本校卒業生 衣笠選手 の殿堂レリーフです。
右上の写真:京都府の実績を示すパネルです。
左下の写真:展示中の各校のユニホームです。
右下の写真:京都府を代表する平安のユニホームです。

あらためて平安野球の凄みを感じた時間でした。

* 特別展「高校野球100回目の夏」は次のURLへ
http://www.baseball-museum.or.jp/showcase/program/detail.html?id=1123

第100回夏の甲子園京都府予選 いよいよ開幕!

写真7月9日(月)午後1時から、豪雨のため2日間順延となった第100回夏の甲子園京都府予選大会開会式が わかさスタジアム京都 で挙行されました。本校女子生徒によるプラカードガールに先導された参加各校が整列する中、龍谷大学付属平安高等学校硬式野球部主将 松田憲之朗 選手が堂々の選手宣誓を行いました。
選手宣誓の内容は、次のとおりです。

第100回全国高等学校野球選手権記念京都大会【選手宣誓】

宣誓。
先月発生しました地震、また様々な自然災害において、被災されたみなさまに心よりお見舞いを申し上げます。
そんな中で、今、100回大会の夏、僕たちがこうして99回分の夢が詰まったこのグラウンドに居られることを本当に有り難く思います。そして、ここまで育ててくれた両親、家族をはじめ、支えていただいたすべての方々に感謝し、野球を通して培った「野球の心」を101回、さらに200回へと繋げていきたいと思います。次の100年を担う我々選手一同は、凛とした姿で本気の夏を戦い抜くことを誓います。

平成30年7月9日
選手代表 龍谷大学付属平安高等学校野球部
第110代主将 松田憲之朗

この大会にかける”平安”の思いをお汲み取りください。

* 本文は「最新情報」の記事と同じ内容です。

平球会総会を開催! 硬式野球部の夏の健闘を鼓舞!!

写真
7月1日(日)午後5時から京都駅八条口南側のホテルで、平成30年度平球会総会が開催されました。
「平球会」とは主に龍谷大学附属平安高等学校のアスリートコース生徒の保護者や保護者OBの方々で結成された硬式野球部応援組織で、例年、物心両面で本当に手厚く支援活動を展開していただいております。
 総会においては前年度の事業報告・収支決算報告及び本年度お事業計画・収支予算案の審議が行われ、役員改選についても審議がありました。
引き続いての懇親会では、会長の 山田 章一 様より今夏の第100回甲子園大会での通算100勝達成を強く確信されている旨を披瀝され、平球会挙げての強力な応援を繰り広げるとの力強いご挨拶をいただきました。さらに平球会、原田監督を応援する会や硬式野球部保護者会などからはボール50ダースを始め数々の記念品を贈呈していただくなど、本当に有難いご支援をも賜りました。頂戴いたしました記念品と共に関係皆さまの本当に熱い、そして力強い思いを選手の皆さんに確実にお伝えさせていただきます。
写真 

硬式野球部の原田英彦監督は、その謝辞において、「100回大会の甲子園に平安がいないなどということはまったく考えられない。今年の選手は必ずや絶対に甲子園通算100勝、京都府代表チームとして京都府通算200勝を達成してくれると確信している。」と迫力に満ちた語りを述べられ、会場の一同は万雷の拍手でその決意に応えました。

この夏、平安はやります!必ずやり遂げます!!

中学オープンキャンパス!

写真
7月1日(日)午後1時30分から本年度第1回目の龍谷大学付属平安中学校のオープンキャンパスを開催いたしました。
ずいぶんと暑い一日でしたが、本当にたくさんの、昨年を上回る小学生の皆さんや保護者の方々にご来校いただきました。ご来場ご家族は242組を数えました。
先ず在校生による学校生活の案内の後、小学生の皆さんは”わくわく体験教室”へ、そこでは本校名物の「お念珠づくり」や「パソコンでプリクラを作ろう!」「算数パズルであそぼう!」「Let's get HEIAN-goods!」「光のマジック」などの体験授業に参加していただきました。
保護者の方々はその裏番組(本命!表番組)で、講堂において「入試説明会」をお聞きいただきました。
本校の紹介展示コーナーや”先生、生徒と気軽に話してみよう!”コーナーは特に大人気で、終了間際まで大盛況の様子でした。一番人気は”制服を試着しよう!”コーナーかな!?並行して校内スタンプラリーも行われ、全スタンプを集めるとHEIANのロゴも鮮やかなキャップ(野球帽)がプレゼントされます。たくさんの小学生の皆さんがこのキャップをゲット!
夏の甲子園、必ずこのキャップをかぶって応援に来てネ!!
平安は全国最初に甲子園で通算100勝を達成しますから、そして105勝をあげて全国制覇をはたしますから・・・・・・!!

夏の高校野球京都府大会、いよいよ!

写真 6月26日(火)放課後、間近に迫った夏の高校野球府大会の開会式リハーサルを行いました。というのも、開会式選手入場行進などを先導するプラカード・ガールを本校女子生徒100名が務めることになっているからです。曇天の湿度の高い中、何度も何度も行進の確認を行い、指導の先生を含めて滝のような汗です。第100回目の甲子園予選大会、出場選手のみならず大会をいろいろな方面から支える生徒達も気合いっぱいです。

過日の試合組合せを決める抽選会では、本校硬式野球部が一番くじを引き当てました。よって開会式選手宣誓を本校主将が務めます。「持ってるナァ~!」とは原田監督の言です。

現在、龍谷平安は、甲子園で通算99勝を挙げて、全国最多の勝利数を誇っています。この100回記念大会に出場し、100勝を達成、そして105勝して全国制覇!これを”悲願”と称して叱られました、単なる「目標」だそうです。さすが平安!!

この夏は”平安の夏”です。選手の皆さん、鬼監督を泣かしたれ!歓喜のうれし涙で、あの端正な原田監督の顔をグシャグシャにしてやれ!
よろしくお願い申し上げます。

第1回中学生・保護者の皆さま対象学校説明会

写真
6月24日(日)午後1時から第1回中学生・保護者の皆さま対象学校説明会を開催させていただきました。
保護者の方のみ、生徒さんだけで、ご家族連れでとご参加いただいた形は様々でしたが、望外にも346組の皆さま方にご来校いただきました。会場となった講堂の様子から見ますと1,000名は大げさですが800名以上はお入りいただいていたと思います。
大変に暑い一日で、早朝の降雨のせいで不快指数も高い日となりましたが、本当にありがとうございました。厚く御礼申し上げます。
冒頭の校長挨拶では、私学特有の「建学の精神」に基づく教育のすばらしさを紹介させていただきました。本校は、申し上げるまでもなく、浄土真宗本願寺派の宗門校で、御開祖親鸞聖人のお教えをその精神としているわけですが、高校時代という多感で迷いの多い人生の一時期を「宗育」の中に身をおき、一貫して特有の価値観の中で学校生活を送る、この”意義深い非日常”のすばらしさを強調させていただいたのです。これは、4月以来、全く初めて本校に身を置いた私の実感であり、”教育とは?”の問いに一定の再認識をさせていただいた本心そのものです。
お一人でも多くの中学生・保護者の皆さまが、龍谷平安の教育のすばらしさを感じ取っていただき、数ある高等学校学校の中から本校を選択していただくことを念願するばかりです。
チョッとは私学の校長らしくなったと自負しております。

ページ移動