記事一覧

茶道フェス下見会&合同稽古会

今日は、来月催される茶道フェスティバルのリハーサルに参加しました。

ファイル 1066-1.jpg

京都府内の各学校(各茶道部)が集まり、朝9時半から会場の歴彩館でミーティング。その後、茶席のレイアウトを確認し合いました。

ファイル 1066-2.jpg

午後から各流派に分かれ、3校で合同稽古会をしました。本校茶道部(藪内流)は、今年も嵯峨野高等学校茶道部(表千家)と京都外大西高等学校茶道部(表千家)と合同茶席です。嵯峨野高等学校に移動して、あらかじめ組んだシフトをもとに、夕方5時までみっちりお稽古しました。

ファイル 1066-3.jpg

3校ともスタッフは高1、2年生で、3校の部員がそれぞれ役割を担当。2つの流派が一緒にやるのは他では見られないことで、合同茶席は今年2年目になります。作法については、それぞれの流派で行うのですが、流派の違いからどうしても合わせる難しさがあります。

ファイル 1066-4.jpg

どうやればスムーズに茶席が進むか、リハーサルを重ねて確認をしました。本校茶道部の1年生たちも、今日の合同稽古会を通してスキルを上げることができたと思います。

ファイル 1066-5.jpg

合同稽古会で出されたお菓子は、亀屋良長の鳥羽玉でした。亀屋良長の代表銘菓で、寒天とけしの実をかけていて、中は黒糖風味の漉し餡でとても美味しかったです。

ハロウィン茶会

ファイル 1064-1.jpg

本日は10月31日ということで,ハロウィン仕様のお菓子となりました。

参加人数が少ないため,和室で和気藹々と稽古に励みました。
ハロウィンは西洋の文化ですが,茶道も10月と11月を境に「風炉」から「炉」に変わります。
また新しいお手前をしっかり身につけていきましょう。

和菓子作り体験

今日は午後から茶道部の校外活動でした。そして、三十三間堂の斜め前にある、七條甘春堂で和菓子作りをしました。

ファイル 1060-1.jpg

15時から約1時間半、着綿・花野・紅葉の3種類の和菓子を4個(着綿は2個)作りました。

ファイル 1060-2.jpg

和菓子作りに用いる道具は少なく、箸とへら、そして手を使うだけ。職人さんが作り方を説明した後、部員たちも作業に取り掛かりました。実際作ってみるととても難しかったですが、とくに高1生たちは初めての和菓子作りで、自分たちがお稽古で口にしている和菓子が、どのように和菓子ができているか、それを自ら体験して学べました。

ファイル 1060-3.jpg

みんな真剣な眼差しで和菓子を作り、途中で「はいチーズ!」。

ファイル 1060-4.jpg

完成した和菓子ですが、みんな上手に作っていました。

ファイル 1060-5.jpg

抹茶はそれぞれ自分で点て、着綿1個を抹茶と一緒に。残った3個は持ち帰りました。

10月稽古②

今日のお稽古は、前回に引き続いて明覺寺でした。

ファイル 1056-1.jpg

1、2年生が順に点前稽古をしましたが、いよいよ2年以下が中心となりそうな稽古風景でした。前回欠席していた2年の新部長と副部長、1年の副部長(1年のまとめ役)の3人が揃いました。

ファイル 1056-2.jpg

1年生はOG(卒業生)からも指導を受け、少しずつ成長してくれています。

ファイル 1056-3.jpg

本日のお菓子は、仙太郎の栗餅でした。部員たちにとても好評だった秋らしい一品。

ファイル 1056-4.jpg

中には丹波栗が詰まっていて、甘露煮になっています。1個で食べ応えがありました。

10月稽古①

今日から後期の部活動が始まりました。前期考査期間だったこともあり、前回のお稽古からだいぶ間が空いてしまいました。

ファイル 1055-1.jpg

現在高1生が一所懸命お点前の指導を受け、少しでも早く基本点前を覚えてほしいものです。最後に、部長から新部長や副部長などの発表があり、いよいよ新体制になっていくので、部長や先生からも厳しいコメントがあり、みな意識を変えていかなければなりません。

ファイル 1055-2.jpg

本日のお菓子は、仙太郎の栗蒸羊羹。栗一粒一粒が大きくて食べ応えがある一品でした。

9月稽古④

今日は明覺寺さんにて、先月の振り替え稽古をしました。

ファイル 1047-1.jpg

今回は高1生を中心に動いてもらい、本堂でお稽古するときは大寄せというスタイルもできてきたと思います。

ファイル 1047-2.jpg

高1生は細かい指導を受けないと、まだ完全にお点前ができません。ですが、回数を重ねるごとに上達しています。

ファイル 1047-3.jpg

本日のお菓子は、仙太郎の月見だんごでした。漉し餡と粒餡とそれぞれ用意され、みんな美味しそうに食べていました。

9月稽古③

今日は講義室にて、お点前や割稽古をしました。

ファイル 1044-1.jpg

今回高3生と高2生しかお点前ができませんでしたが、とくに高2生の成長ぶりが感じられました。

ファイル 1044-2.jpg

高1生は高2生から指導を受けていました。

ファイル 1044-3.jpg

お菓子の方は、先日の文化祭茶会で出したあん入り黒糖わらび餅でした。完売したことで部員たちは食べることができず、とくに高1生から「わらび餅が食べたいです」というリクエストがありました。そこで七福堂さんにお願いして、今回のお稽古に用意しました。

ファイル 1044-4.jpg

ここの黒糖わらび餅をはじめて食べる高1生たち。笑みを浮かべながら「美味しい」と頬張っていました。ただ直接懐紙の上にのせると、べったりとへばりついて食べづらいという欠点はあります。

9月稽古②

文化祭茶会を終えて、今日は最初のお稽古でした。

ファイル 1043-1.jpg

今回から茶会形式の「大寄せ」を再び取り入れ、高1生はあらためてお運びなどの稽古をしました。

ファイル 1043-2.jpg

明覺寺さんでお稽古する日は、大寄せを通して部員全員がお点前からお運び、そして後見までしっかり身につけられるよう、強化稽古をしていく予定です。茶会直前になって慌てて覚えるのではなく、日頃のお稽古によってスキルを高めていきたいです。

ファイル 1043-3.jpg

本日のお菓子は、仙太郎の上用饅頭でした。もうすぐ中秋の名月ということで、月のうさぎを模した可愛らしいお菓子です。

文化祭茶会

昨日から2日間、茶道部は文化祭で毎年恒例の茶会を開きました。

ファイル 1042-1.jpg

1階にある第一会議室(北側)に場所が変更になり、今年は高1生にも全員お点前をしてもらい、各役割シフトをフルでまわしました。

ファイル 1042-2.jpg

お点前は椅子に座って行う立礼点前で、本校の中高生をはじめ、たくさん外部からお客さんが来てくださいました。

ファイル 1042-3.jpg

お客の入りが良かった点は、2日間暑かったことと、第一会議室が冷房で非常に涼しかったことが大きいようです。部員たちは浴衣を着て、それぞれお点前やお運び、水屋、受付と頑張っていました。

ファイル 1042-4.jpg

とにかく暑かったこともあり、あん入り黒糖わらび餅とグリーンティーがよく売れました。わらび餅は今日(2日目)の午前中で完売し、グリーンティーもリピーターが多くこちらも完売。

ファイル 1042-5.jpg

松風とそばぼうろのセットの方は、部員の数くらいしか残りませんでした。今年の茶会は、昨年よりも大盛況で終えることができました。

8月稽古②

8月中のお稽古としては2回目です。
今週から来週にかけて,文化祭での茶会に向けた最後の追い込みです。

毎年,文化祭恒例の立礼(机と椅子を用いて行う手前)ですが,1年生はもちろん初めてです。
まだ手つきがおぼつかない人も多く見受けられますが,当日は全員お手前をすることになります。

部員が増えて練習の回数が限られていることもありますが,
常々言われているようによく人のお手前を見て習ってもらいたいと思います。
来て下さるお客様をきちんとおもてなしできるように,来週も緊張感を持ってお稽古に取り組んでいきましょう。

ページ移動