記事一覧

2019年度初戦 春季大会

2019年4月14日(日)、第54回京都府高等学校春季陸上競技大会が、
丹波自然公園陸上競技場において行われました。
あいにくの悪天候でしたが、チームHEIANとしては今シーズンの初戦で、気合いを入れて臨みました。

ファイル 958-1.jpg ファイル 958-2.jpg

【主な戦績】
男子100m 11"26(-0.2) 総合8位
女子100m 12"87(-0.2) 総合5位
女子200m 25"56(-0.7) 総合3位/26"01(-0.7) 総合5位
     /26"31(-0.7) 総合7位
女子400m 1'04"05 総合8位
女子400mH 1'10"33 総合8位

各種目6位入賞で京都IHへの出場権を獲得することができます。
したがって、女子100mで1名、女子200mで2名が出場権を勝ち取ることができました。

久しぶりの試合の感覚に触れ、緊張している側面もありましたが、
ライバルたちの成長を肌で感じることもでき、
次のインターハイ予選に向けて、よい刺激を得ることができました。
しかし、まだまだ修正して磨きをかけていかなければなりません。
今シーズンはスタートしたばかり。
チーム一丸となって、前向きに進んでいきたいと思います。

陸上競技部 近畿IH 女子初の全国IH出場決定!!

6月14日(木)~17日(日)に、大津市皇子山総合運動公園陸上競技場において、
第71回全国高等学校陸上競技対校選手権大会近畿地区予選会が行われました。
2週間前の京都インターハイを勝ち抜いた、女子100m、200m、4×100mRに出場しました。

ファイル 823-1.jpg ファイル 823-2.jpg

○戦績○
女子100m 12"01(+0.6) 第4位入賞
女子200m 24"81(+0.6) 第6位入賞
女子4×100mR 47"85 準決勝進出

ファイル 823-3.jpg

近畿のハイレベルな戦いに苦戦しましたが、なんとか女子100mと200mにおいて、
全国インターハイへの出場権を獲得することができました。
女子の全国インターハイ出場は、創部以来初の快挙です。

残念ながらリレーは失格となってしまい、準決勝で敗退しましたが、
ここまでメンバーの心を一つにして、大変よく頑張ってくれました。
特に3年生は、これまで積み上げてきたものをしっかりと発揮してくれました。

3年生が築き上げてきたものを受け継いで、2年生が引き続きインターハイで戦います。
全国インターハイは、8月1日より三重で開催されます。
ここから1ヶ月少し。
もう一度、チームで気持ちを一つにして臨みます。

陸上競技部 京都IH

2018年6月1日(金)~3日(日)、西京極総合運動公園陸上競技場において、
第71回京都府高等学校陸上競技対校選手権大会が行われました。
この大会において、各種目6位以内に入賞すれば近畿インターハイへの出場権を獲得することができます。
高校3年生にとっては、3年間かけて目指してきた、かけがえのないインターハイでした。

ファイル 810-1.jpg ファイル 810-2.jpg

【戦績】
男子100m 11"31 準決勝進出/11"45
男子800m 2'03"11
男子4×100mR 43"41 準決勝進出
男子4×400mR 3'28"14 準決勝進出

女子100m 12"02 準優勝/12"42 第7位/12"63 準決勝進出
女子200m 24"92 第3位/25"55 第8位/26"27 準決勝進出
女子400m 1'01"77 準決勝進出/1'04"54
女子400mH 1'07"90 準決勝進出/1'13"80
女子4×100mR 47"71 第3位
女子4×400mR 4'09"94

ファイル 810-3.jpg

ファイル 810-4.jpg

この結果、女子100m、200m、4×100mRにおいて、近畿インターハイへの出場が決定しました。
チームとしても、3年生としても、悔しい思いをすることの方が多かったかもしれません。
しかし、厳しい京都の試合をしっかりと勝ち抜いて、近畿インターハイへつなげることができました。
なんとしても全国インターハイへとつなげるため、
もう一度チームとして心を一つにして、努力していきたいと思います。

陸上競技部 市部IH&高校総体

5月3日(木)~4日(金)、山城総合運動公園陸上競技場(太陽が丘)にて、
第71回京都府高等学校陸上競技対校選手権大会 市内ブロック予選が、
さらに5月19日(土)~20日(日)、西京極総合運動公園陸上競技場にて、
第71回京都府高等学校総合体育大会が、
それぞれ行われました。

まず、ゴールデンウィーク中に実施された市部インターハイでは、
のべ14名が京都インターハイへの出場権を獲得しました。
慣れない競技場に、強風という厳しい条件の下、
なかなかベスト記録更新とはいきませんでしたが、
自分が冬季トレーニングで培ってきた力を出し切ることができた者が、
次のステージへ進むことができたのだと思います。

ファイル 801-1.jpg ファイル 801-2.jpg

また、先週末の高校総体では、
1年男子100mにおいて第3位入賞、
2年女子100mにおいて優勝を果たしました。
その他にも、1年男子200m、2年男子4×100mリレー、
1年女子100m、200m、2年女子4×100mリレー、3年女子100mと、
多数の種目で決勝へ進出することができました。
少しずつ練習の成果を試合で発揮できるようになってきたところです。

ファイル 801-3.jpg ファイル 801-4.jpg

さぁ、次はとうとう6月1日(金)~3日(日)に行われる京都インターハイです。
近畿インターハイ、全国インターハイへ出場するためには、
まず京都で6位に入賞しなければなりません。
簡単な道のりではありませんが、
なんとしても三重で行われる全国インターハイへ出場できるよう、
チーム一丸となって臨みます。

2018年度初戦 春季大会

2018年4月15日(日)、西京極総合運動公園陸上競技場において、
第53回京都府高等学校春季陸上競技大会が行われました。
平安としては、今シーズンの初戦です。
昨年10月頃からこの2018年度のインターハイに向けて、厳しいトレーニングに取り組んできました。
その成果を少しでも発揮し、ゴールデンウィークに控えるインターハイ予選につなげるのが、この春季大会の目的です。

結果として、女子100mにおいて1名が総合4位に入賞し、6月の京都インターハイへの出場権を獲得しました。

次の試合は、22日の記録会。
気候も暖かくなり、体も動きやすくなってくるはずです。
落ち着いて自分の動きができるように、またこの1週間で整えていきます。

平成29年度 京都ジュニア

10月7日(土)、8日(日)と京都府の西京極総合運動公園陸上競技場において、
第52回京都府高等学校ジュニア陸上競技対校選手権大会が行われました。
この試合で今シーズンの京都府レベルの大会は終了です。
来シーズンを見据えて挑む大事な試合です。

【戦績】
〇男子〇
100m 11"35(-0.7) / 11"97(-0.1) / 12"13(+1.3)
200m 23"04(-0.5)
800m 2'07"02 / 2'09"86
1500m 4'46"49 / 4'56"92
4×100mR 44"48
走幅跳 5m40(-0.5)

〇女子〇
100m 12"43(+0.9) 第3位 / 12"64(+0.0) 第7位 / 13"19(+0.0)
200m 26"34(-0.8) 第8位 / 26"59(-1.5)
400m 1'02"35 / 1'03"82
800m 2'27"25 / 2'28"08
4×400mR 4'08"43
走幅跳 3m72(-0.2)

ファイル 690-1.png

本大会は私学大会を除く今シーズンの最終戦という位置づけでした。
来シーズンのスタートに当たって今回の記録がそれぞれの指標となるわけです。
チーム全体の結束、実力の底上げの必要性を強く感じさせられた試合となりました。

残るは私学大会のみです。
それに先駆けて早くも来シーズンにむけた冬トレがスタートします。
この時期に積み重ねたものが来シーズンに花開くよう、チーム一丸となって結果につながるよう練習に励んでいきます。

平成29年度 近畿ユース

9月15日(金)~17日(日)、滋賀県の皇子山総合運動公園陸上競技場において、
第50回近畿高等学校ユース陸上競技対校選手権大会が行われました。

〇戦績〇
【女子】
1年100m 12"06(+3.4) / 決勝12"10(+3.7) 第2位
1年200m 25"53(+1.9) / 決勝25"62(+1.1) 第8位
2年200m 26"19(+1.3)

ファイル 689-1.png

4継でのミスもあり練習の成果を出し切れず、全体として悔しさの残る試合となりました。
ここから一人ひとりの意識をより高め、それぞれが先を見据えて何をすべきか考えて行かなければなりません。
さらに今大会は本校からは女子のみの出場でした。
今回の悔しさをバネに男女ともに出場し活躍できるよう、チーム一丸となってさらに上を目指していきます。

平成29年度 近畿選手権

9月2日(土)~3日(日)、兵庫県の三木総合防災公園陸上競技場において、
第85回近畿陸上競技選手権大会が行われました。
この大会は6月から7月に近畿の各府県で行われた予選会を勝ち抜いたものが出場できる大会で、大学生や社会人も多く出場しています。

○戦績○
男子200m 21"61(+3.3) / 決勝21"74(+3.2)第6位
女子200m 12"18(+2.3)

男女1人ずつの出場でした。
チームとしては直接会場へ応援に行くことはできませんでしたが、チーム全体の想いを持って走ってくれたことと思います。
普段はあまり戦うことのない高校生以外の選手と競えるこのような大会に、より多くの選手が挑めるようこれからも練習に励んでいきます。

平成29年度 全国選抜

更新が遅くなってしまいましたが、陸上競技部の戦績についてご報告です。

陸上8月26日(土)~27日(日)、大阪のヤンマーフィールド長居において、
第5回全国高等学校陸上競技選抜大会が行われました。
この大会はインターハイで実施されていない種目と混成競技で構成されている試合で、標準記録を突破した全国の強豪選手が集まります。

○戦績○
男子300m予選 34"62

出場したのは3年生男子キャプテン1人、チームを背負って戦ってくれました。
全国の舞台で戦う姿をチーム全員が目の当たりにして、よりいっそうこれからの練習の励みになったことと思います。
試合後には、部員全員が応援に駆けつけられるのは当たり前ではないということ、チームで戦うことの大切さを改めて確認できました。

平成29年度 京都ユース

8月17日(木)~19日(土)に、西京極陸上競技場において、
第50回京都府高等学校ユース陸上競技対校選手権大会が行われました。

3年生のいない新チームで挑む初めての試合でした。
夏の練習の成果を発揮するべく、選手たちはそれぞれの目標を掲げて臨みました。

ファイル 644-1.jpg

ファイル 644-2.jpg

【戦績】
〇男子〇
1年100m 11"58(-1.7)/ 12"13(-0.2)
1年200m 23"18(+0.4)Best!
1年400m 1'04"71
1年800m 2'07"17 Best!
2年800m 2'07"36 Best!
1年1500m 4'47"01 Best!/ 4'57"06 Best!
1年走幅跳 5m09

〇女子〇
1年100m 12"07(+1.8)優勝/ 13"43(+0.3)
2年100m 12"43(+1.2)第4位/ 12"57(+1.3)
1年200m 25"08(-0.6)準優勝Best!/ 28"30(+1.1)Best!
2年200m 25"76(-0.2)第3位Best!
2年400m 1'02"43 第8位/ 1'05"04
1年800m 2'39"86
1年走幅跳 4m49(+1.8)/ 3.51(+1.8)
4×100mR 48"21 準優勝
4×400mR 4'14"09

この大会で個人第3位、リレー第6位に入賞すると、9月16日~18日の近畿ユースへ出場することができます。
今回は2年女子200m,1年女子100m,200m,女子4×100mRで出場権を獲得しました。

ファイル 644-3.jpg

自己最高記録を更新した選手も多く、夏の練習の成果を少しでも発揮することができたのではないでしょうか。
その一方、あと一歩のところで手の届かなかった種目も少なくありませんでした。
より多くの選手がさらに上のステージへ挑戦していけるよう、これからもチームとして強くなれるよう頑張ります。
チームHEIANとして一丸となって戦っていくことの重要性を強く感じる試合となりました。

ページ移動