HEIAN クラブ 紹介 クラブ紹介ブログ

記事一覧

2019年度 高校柔道部 試合中止報告(3月) 2020年03月03日(火)10時32分

■全国高等学校柔道選手権大会

 [個人]73kg級

※上記1名が出場予定でしたが、コロナウイルス感染拡大防止のため中止となりました。

2019年度 高校柔道部 試合結果報告(2月) 2020年03月03日(火)10時00分

■第61回近畿高等学校柔道新人大会(団体試合)

 [団体]ベスト16

  2回戦:龍谷大平安○ 1人残し 王寺工業(奈良県)
  3回戦:龍谷大平安△ 4人残し 比叡山(滋賀県)

風炉稽古開始 2020年02月20日(木)23時00分

今日の部活は、久しぶりに講義室で行いました。来月の春期茶会に向けて、風炉点前に切り替えです。稽古始めに、しっかり覚えている部長がお点前。それと並行して、後見(茶席の進行役)の説明をしました。

ファイル 1103-1.jpg

稽古中盤から先生指導のもと、高1生が順にお点前。

ファイル 1103-2.jpg

2ヶ月ほど炉点前をしていたので、風炉の所作を思い出す必要がありました。それにしても、茶道部は毎回マスク率が高いです。今日は高3生やOGも参加し、とても賑やかでした。

ファイル 1103-3.jpg

本日のお菓子は、笹屋伊織の抹茶ケイキでした。先生が笹屋伊織で別のお菓子を買おうとした際、試食したら美味しかったのでこちらに変更したとのこと。洋菓子かと思いきや、中はあんこでとても美味しいお菓子でした。

ファイル 1103-4.jpg

また、部長の研修旅行のお土産も配られました。部長は沖縄組で、現地はとても暑かったそうです。

涅槃会で演奏しました。 2020年02月08日(土)11時49分

ファイル 1102-1.jpg

10時から本校講堂で行われた涅槃会で、合唱部は讃歌衆を務めました。1年生も緊張することなく演奏をすることができました。

仏教青年会の集い・涅槃会に参加しました。 2020年02月04日(火)15時47分

ファイル 1100-1.jpg

合唱部は、1月30日(木)、本校講堂で行われた、仏教青年会の集いの涅槃会に吹奏楽部の3年生と一緒に讃歌衆をつとめました。いつもとは違う雰囲気の中、先輩と協力して演奏することができました。

炉稽古 2020年02月04日(火)08時52分

いよいよ2月に入り、今日のお稽古も炉点前でした。茶道では一番寒い時期(2月)に、3畳の狭い空間でお点前をします。部室は9畳ですが、置炉と部員たちとの距離が短いため、温かさを感じさせます。

ファイル 1101-1.jpg

SUT④が終わって、部員たちはまたお稽古に打ち込んでいました。

ファイル 1101-2.jpg

1年生ばかりでしたが、以前よりも所作がスムーズになっています。部室ではどうしても1ヵ所しかできず、お点前の番が回りにくいデメリットがあるのですが、回数を重ねる毎に上達してきているのがわかります。

ファイル 1101-3.jpg

お菓子の方は、ひよこ本舗吉野堂のひよこ饅頭でした。ご指導いただいている先生のお土産で、福岡初釜(福岡の大濠公園内日本庭園茶室で開催)で福岡に行かれたそうです。ひよこ饅頭をどこから切ったらいいか悩みながら、みんな美味しそうに食べていました。

2月の聖語板 2020年02月01日(土)18時07分

ファイル 1099-1.jpg

高校1年生の 米岡 星和 さんが書きました。

2019年度 高校柔道部 試合結果報告(1月) 2020年01月30日(木)09時54分

■第42回全国高等学校柔道選手権大会(個人試合)京都府予選

  [個人]優勝:73kg級
      3位:66kg級/66kg級/81kg級/女子無差別級

  ※優勝者1名は、全国大会への出場権を獲得。

■段外選手権

  [個人]段外女子:優勝 ※初段の資格を獲得
      段外男子:3位 ※一級の資格を獲得

■第61回近畿高等学校柔道新人大会(個人試合)

  [個人]5位:73kg級

連合音楽会 2020年01月26日(日)15時30分

ファイル 1097-1.jpeg

本日は京都こども文化会館で京都府私立中学高等学校連合音楽会の本番でした。

1.2年生の体制となって初めての単独での演奏会でした。
「スーパーカリフラジリステイックエクスピアリドーシャス」
「ディスコ キッド」
「パプリカ」の計3曲を演奏しました!

SUT前でしたが、よく頑張りました!
3月の定期演奏会に向けても演奏の質を高めていきましょう!

報恩講で讃歌衆をつとめました。 2020年01月17日(金)10時56分

ファイル 1095-1.jpg

1月17日(金)、本校講堂で行われた報恩講で、合唱部は讃歌衆をつとめました。堂々と歌うことができていました。