記事一覧

本日の仏参

ファイル 540-1.jpg

本日の講師は8組担任社会科の太田先生でした。

日常生活の大切さについてお話しになり、最後にはみなさんは日常生活を大切にできているかと問いかけておられました。

みなさんの日常、つまり高校生活も授業日としては本当に残りわずかとなりました。

最後にどのような姿を見せたいのか今一度自分自身で考えてみてください。

台風により模擬試験が延期になりました

台風の影響により、予定されていた模擬試験が23日に延期になりました。いよいよ後半戦。勝負の時です。これまで以上に勉学に励んでいます。

学園祭を終えて

ファイル 537-1.jpgファイル 537-2.jpgファイル 537-3.jpg

9月8日~11日にかけて学園祭が実施されました。高校最後の学園祭。普段は見ることの出来ないたくさんの真剣な眼差し、笑顔が溢れていました。
体育祭の応援合戦や文化祭の模擬店で培った仲間と協力する力は、必ず将来に活かされると思います。高校3年間最後の学園祭。そこには生徒たちの人としての成長をたくさん感じることができました。

仏参がありました

ファイル 538-1.jpg

夏休み明け最初の仏参でした。7組担任、岩崎先生のお話でした。少し緊張された様子でしたが、学園祭を通じての経験や体験が必ず将来に活かされてくることや、かけがえのない仲間と時を共にしたことの大切さをお話しくださいました。

第1回龍大被推薦者ガイダンス

ファイル 536-3.jpg

本日5限目に講堂にて、プログレス・アスリートの生徒を対象に龍谷大学の被推薦者ガイダンスが行われました。

最初に被推薦者決定にあたり校長先生よりお話があり、

ファイル 536-1.jpg

次に進路部長より配布された書類について説明をいただきました。

ファイル 536-2.jpg

全体ガイダンス終了後、各教室で担任から決定した学部・学科の内示がありました。

いよいよ付属校推薦入試に向けて本格的に動いていくことになります。
進路部長のお話にもあったように、これで決まったわけではありません。
11月12日にある推薦入試を経て大学から合格をもらうことになります。
最後まで緊張感をもってしっかり準備していきましょう。

プログレスコースのみなさんは月曜日からLHRの時間を利用しながら志望理由書作成に向けて作業を始めています。そういった時間を有効に使い、学園祭前の忙しい時期ではありますが計画的に動いていきましょう。

夏の勉強合宿を無事終了しました

8月2日から龍谷大学セミナーハウス ともいき荘にて実施していました、高3勉強合宿を無事終了いたしました。
参加していた選特一貫コースの31名の生徒たちも元気に帰途につきました。大きな体調不良やけがもなく、最長で1960分の自習での学習に取り組みました。
ファイル 535-1.jpg ファイル 535-2.jpg
朝は6:30に起床し、朝、昼間、夜に90分、100分ごとの勉強時間。その時間には私語も無く、自分で立てた計画に沿って勉強しました。明日からも自宅で同じペースで過ごせることでしょう。
その成果は、秋以降の模試に数字としてあらわれるはずです。
少し体を動かして気分転換しながら、暑い夏を乗り切りましょう!

では、8月23日にお会いしましょう。

GTECが実施されました

本日は1・2限目にGTECが実施されました。

これまでの成長を出し切ることはできましたか。

プログレスコースのみなさんは龍谷大学への進学を意識し最後まで頑張れましたか。

前期考査が近づいていますね。

前期もあとわずかです。残りの期間を見据え何をすべきか考え行動していきましょう。

選挙権に関する講演

ファイル 533-1.jpg

本日のLHRは講堂にて選挙権に関する講演を京都府選挙管理委員会の方にしていただきました。

18歳になる、あるいはなった3年生のみなさんは有権者として政治に関わっていくことになります。

このような経験を機に、自覚や責任感をもって主体的に考え行動してもらいたいです。

配布された資料を自分でも確認しながら理解を深めてもらえると幸いです。

ファイル 533-2.jpg

ファイル 533-3.jpg

本日の仏参

ファイル 532-1.jpg

本日の講師は5組担任保健体育科の竹中育枝先生でした。

先生は高校時代のご自身の経験をお話しくださいました。

先生は高校2年生のインターハイ直後に顧問の先生から「お前なんていらん」と言われたそうです。

そのとき先生はショックを受けるのではく、むしろ「絶対見返してやる」と思え、その後に必死にがんばることで結果を残すことができたそうです。

また、脳科学では目標を強く思い続けることで、それを実現するために何事も努力できる覚悟が自然とできると考えられているということも紹介されました。

最後に先生はこの高校生という時期に様々なことにチャレンジすることで、その経験が自分の糧となり成長できるのだから無駄な経験などないはずだとおっしゃっていました。

この高校生活でその後に生涯につながるような経験はみなさんにもあるはずです。今という時間を大切に残りの高校生活を過ごしてみてはどうでしょうか。

本日の仏参

本日の講師は3-4組担任、国語科の樋口先生でした。

今年から地域の町内会長をするにあたって、
改めて世の中について考えるようになったというお話でした。

この世のことを、浮世といいますが、
浮世とは憂き世という意味で取られることがあります。
しかし、実際に世の中は面倒な事や嫌な事だらけなのでしょうか?

確かに、日常生活には厄介ごとが数多く潜んでいます。
人の世を過ごし易くするのも過ごしにくくするのも
気持ち次第でネガティブに捉えるか、
ポジティブに捉えるかで変わります。

皆さんも、同じ世界でも気持ち次第で違う過ごし方になる
ということを自覚して残りの高校生活を過ごしてください。

ページ移動