HEIAN BLOG 高1学年 BLOG

記事一覧

おばあの教え 2020年11月21日(土)14時00分

 「なんくるないさー」という沖縄の言葉を、聞いたことがあるでしょうか。直訳すると「なんとかなるさ」という意味ですが、実は「なんくるないさー」に含まれている意味は、もっと深いのです。「くよくよして自分を縛らなければ、おのずと道は開けていくものだよ。だから、もう心配しないでね」という意味がこめられているのです。
 例えば、何か悩んでいたり、苦しんでいたりする人がいると、ついそばにいる人は、「がんばれ!」と言ってしまうことがあります。でも、悩んでいる人にしてみると、もう十分がんばっているのですから、かえってそれがプレッシャーになることもあります。それよりも、「まあまあ、そんなに心配しないで。きっと、なんとかなるよ。大丈夫だからね」と言われるほうが、ずっと心がラクになり、ホッとしますよね。このような思いで、心をラクにして生きていくことを「なんくる精神」というのです。
 「なんくる精神」は、沖縄の人々が、自分たちがくじけないで生きていくために生み出した知恵だそうです。沖縄では、支配者が頻繁に代わりました。そのたびに、人々は、ライフスタイルの変更を余儀なくされてきたのです。また、台風の被害も多く、せっかく丹精こめて育てた「さとうきび畑」が、たった一夜にして全滅してしまう…ということもあります。でも、そういったトラブルを、いちいち深刻にとらえていては、生きてはいけないのです。いわば、「なんくる精神」は、理不尽な現実の中で、なんとか心をおさめ、前向きに生きていくための琉球人の知恵なのだそうです。
人は生きていれば、自分の思い通りにならないことが、たくさん起こります。自分ではどうにもできないようなトラブルが起きたり、他人から理不尽なことを言われたりすることもあるでしょう。だからといって、毎日くよくよしてもいられないのです。それに、「心配なこと」をいつも考えたり、「不安」をいつも感じたりしていると、「心配や不安の波動」を出すことになり、ますます、そういった事態を引き寄せることにもなります。そのためにも、心をラクで、おだやかな状態にしておくことが大事なのです。
 心が「心配」や「不安」で占領されそうになったら、「なんくるないさー」と大きな声で言ってみませんか。何か突発的なトラブルやアクシデントが起こったときも、すぐに「なんくるないさ!」と大きな声で言えば、本当になんとかなるような解決策が出てくるかもしれませんよ。

本日の仏参 2020年11月18日(水)10時08分

ファイル 956-1.jpg

本日の仏参は関目校長先生のお話でした。
新型コロナウイルス感染予防について再確認されました。
マスクの着用、適切な距離を保つ、手洗い・・・本当に私たちの生活様式が変わりました。予防するのは単純な行動であるが故に、継続が難しいかもしれません。
しかし、学校生活の中で「継続こそが最大の鍛錬・錬磨」であることは実感しているかと思います。いかに素晴らしい・必要な行動でも瞬間的に終わってしまえば何の意味もありません。毎日の積み重ねが、君たちの人生に大輪の花を咲かすことになる。あとは実践に移すだけです。
一人ひとりが自覚を持って、この危機を乗り越えて欲しいと思います。

今週の仏参 2020年11月13日(金)13時00分

ファイル 955-1.jpg

今週の仏参は燧土勝徳副校長先生のお話でした。新型コロナウィルスの流行が広がる中で、マスクの使用により初対面の相手の顔を知らないで過ごすことが多くなってきました。マスクを着けている時に相手の本当の顔がよく見えていないのと同様に、私たちの周りには目に見えないものがたくさんあります。今回のお話ではアメリカのある老夫婦のエピソードが紹介されました。ニューヨークに住むその老夫婦は家に残っている僅か数枚のマスクの一部を寄付し、自分たちの命を犠牲にしてまで他人を思いやる行動を見せました。当時はマスクの買い占めなどが起こり、苦しむ人たちが多かった中で、そんなエピソードがニュースで流れました。この老夫婦の行動のように目に見えない他人への思いやりにこそ本当の美しさがあるのではないでしょうか。龍谷大平安のみなさんも他人への思いやりの心を育ててください。

キャンパスビジットⅠ 2020年11月06日(金)18時00分

ファイル 954-1.jpg

 11月5日(木)・6日(金)の二日間にわたり、キャンパスビジットⅠが行われました。今年は、新型コロナウイルスの影響により龍谷大学ではなく、本校での実施になりました。

 キャンパスビジットⅠでは、文系・理系を含めた「学部・学科」に対する理解を深め、龍谷大学や学部について、疑問を持って自ら調べる。また、大学生と交流することを通して、龍谷大学進学へのイメージを深めるといったことをねらいとしています。
 このことを踏まえ、龍谷大学の先生方による講義(文系・理系学部)や学部紹介動画の視聴、および卒業生におけるパネルディスカッション等のプログラムが実施されました。

 龍谷大学の先生方による講義では、文系学部・理系学部の学びについてお話しいただきました。文系学部・理系学部を代表して龍谷大学より1名ずつ先生におこしいただき、何を学ぶのかをわかりやすく丁寧に説明していただきました。
 また、パネルディスカッションや希望した学部での探究活動では、本校の卒業生が平安高校にかけつけてくれ、後輩たちへ進路選択や大学生活などの助言をしてくれました。
 さらに、これら以外のプログラムも実施され、生徒のみなさんにとって今後の進路を考えていく上での貴重な機会となったのではないでしょうか。今回のキャンパスビジットⅠで学んだことを、今後、進路選択をする際に活かしていってほしいと思います。

本日の仏参 2020年11月04日(水)15時07分

ファイル 953-1.jpgファイル 953-2.jpg

 本日の仏参は歌唱指導最終日。毎朝のホームルーム仏参で聴き慣れている「さんだんのうた」、はじめてうたう「恩徳讃」、講堂内に響く声量に差はありましたが、回を重ねるにつれ講堂内に響くようになることを願っています。次週からの仏参に備え、開式のことばから仏参形式を通しましたが、この仏参では一人ひとりが自分を見つめるひとときとしてもらいたいものですね。
 わたしたちはこうして毎日龍谷平安に集まって、顔を合わせている。京都で生まれた者ももちろんいれば、大阪で、滋賀で、奈良で、その他さまざまな土地で生まれて、そしてこうして平安に集まってきています。全国にはたくさんの高等学校があるのにこの平安に、世界には78億の人間が住んでいるのにこのわたしたちが、こうして集まってきているのです。互いに顔を合わせるために、出会いをするために……。思えば不思議な縁といわなければならない。時々こうして全員集まって、わたしたちの仲間を確かめ、連帯感を強め、友情を深めたいものです。

読書大会中 2020年10月31日(土)15時41分

 今、読書大会中の平安ですが、本の読み方にはおよそ二通りが考えられます。
 その第一は、早くさっと読んでいく方法です。ひとつひとつの語句の詮索や吟味をやめ、だいたいのアウトラインがつかめればそれでいいという態度でさっと読みとばす。次々にページをめくりながら、その要点だけを頭に入れていくというやり方です。アメリカの故ケネディ大統領は、人の三倍のスピードで本を読んだそうです。吉田松陰は「およそ万巻の書を読むのでなかったら、将来有為な人物になることはできない」と言っています。記録によれば、松陰の読書はあらゆる分野にわたり、しかも驚くべき読書量だそうです。おそらく、この速読という方法によって本を読んでいったのでしょう。この読書法を手に入れて、「万巻の書」を読破してもらいたいですね。そして視野を広くし、高い見識をもってもらいたいと思います。
第二の読書法は、第一の場合とちがって、一行一行を心をこめてゆっくり読むという方法です。一行読んでは考え、さらに一行読んではそれを心の中でかみしめるという方法です。そして、行間にひそんでいる真理の声に耳をかたむけるのです。人はしばしば一行の文によって目が覚め、一つのことばによって心が洗われるものです。私たちは、一行読むごとに心を深くし、ページをめくるのが惜しいような、そんな書物を何冊か座右に備えておきたいものです。それらの本は、必ずや私たちの心を豊かにし、この世に生きる意義について何らかの啓示を与えてくれることでしょう。
 幸い本校にはすばらしい図書館があります。高校生活において、その蔵書のすべてを読破するぐらいの意気ごみで本を読んでもらいたい。また、その中からくり返し読むに価する生涯の書をぜひ見つけてもらいたいですね。視野の広い、そして心豊かな龍谷平安生の誕生を期して……。

本日の仏参 2020年10月28日(水)15時38分

ファイル 951-1.jpgファイル 951-2.jpg

  本日の仏参は平安の「応援歌」「三帰依文」「念仏」の歌唱練習でした。日々、ホームルーム仏参で耳にしているせいか、「三帰依文」「念仏」はピアノ伴奏にあわせて声も出ていました。初めての「応援歌」は、アスリートコース生(硬式野球部)がリードしてくれたおかげで、講堂内は声高らかな響きでした。

 ♪空紺碧に晴れわたり  地に精鋭の勇姿あり 
   不敗の気魄廩として  戦前すでに敵を呑む 
   ああ風雪に耐えて   鍛えしその腕 
   今日ぞ火を吐け    平安 平安 栄あれ 平安

   みよ伝統の旗かげに  火と燃えたぎる 闘志あり
   不動の決意厳として  ひとたび立たば敵はなし
   ああ風雪に耐えて   鍛えしその技
   今日ぞ火を吐け    平安 平安 栄あれ 平安♪
    
この応援歌を聴くと、作曲された中村武俊先生の思い出が浮かんできます。こんな話をされたことがありました。
  用意ドン。走りにしても何にしても大勢の人が勢いを出してスタートする。 ところが時間がたち、日がたち、年数がたつにつれて「あんなに大勢スタート したのに、もうこんなに少なくなったの?」と思うほどやり続ける人が減って いく。そして、一つのことを十年も続ける人というと、百人のうち一人いるか いないか。いやもっともっと少ない人数になってしまっている。
と。
どんなことでも研究心をもってそのことに打ちこんでいると、その道では相当な「実力者」になっているはずです。チャンスというのは不思議にもその頃に目前にドンと現れてくるのです。そうなれば、もうあなたはなくてはならない「必要な人」になっているでしょう。やってきてよかったと思う時の到来ではないでしょうか。
 さあ、「応援歌」歌詞の「平安」を自分の名前に置き換えてみませんか。そして、自分を鼓舞してみませんか。

SDGsについての講演を聴いて 2020年10月20日(火)19時12分

ファイル 950-1.jpg

本日は龍谷大学政策学部の深尾昌峰教授をお招きして、SDGsについての講演を行っていただきました。

「SDGs(持続可能な開発目標)」。
単語として聞いたことはあっても、具体的な知識がある人は多くないと思います。
しかし、深尾教授は身の回りの事例や具体的な数値を使って、大変わかりやすく説明してくださいました。
私たちが手軽に食べるチョコレートや手に取るサッカーボール。
それが低賃金で働く子どもたちによって届くのだ、と考えながら生活を送る人が私たちの中に何人いるのでしょうか。
日本が二酸化炭素を80%減らすことを目標にしていることを知っている人はいたのでしょうか。

「地球上の誰一人として取り残さない」をモットーに進む様々な活動や考え方。
激変する社会の中で、皆さん自身も取り残されないように情報を得る必要があります。
今日の皆さんの講演の聴き方は大変素晴らしかったです。
今日得た知識をもとに、さらに大きな学びへと昇華させましょう。

家庭 2020年10月17日(土)17時26分

 本日は高1保護者対象進路ガイダンス。秋雨の肌寒く思われる中、たくさんのご出席をいただきありがとうございました。コロナ禍の下、入学式挙行もままならず、ようやく学校教育活動が学年団単位に拡大され、保護者のみなさまと直接お会いできたありがたいものでした。プログレスコース、選特・一貫コースそれぞれの会場で、校長先生の挨拶にはじまり、コースコンセプト、次年度文理選択の説明と進む中、真剣に耳を傾けメモをとられていました。一人ひとりの生徒はもちろん、目的を一にして同じ方向に歩まれている保護者のみなさまの姿に熱いものを感じました。私たちも真摯に対応しなければならないと改めて強く思わせていただきました。ありがたいことです。
 ガイダンスが終了し、ふと「家庭」ということばが頭に浮かびました。「いつでも頼れる人がそばにいるという安心感があればこそ、子どもの自立心は育つ」と聞いたことがあります。家庭はまさに、そういう安心感に満ちたところ、安心して帰れるところだと思います。そうであってこそ、子どもも、大人も、学校や社会へ出て力いっぱい活動できるのでしょう。いつでも安心して帰ってこられる「母港」があるからこそ、船は雄々しく嵐の大洋を航行できるように……。
 日本の家庭の日常の風景である、「いってきます」「いってらっしゃい」という出かけのあいさつも、「ただいま」「お帰り」という帰りのあいさつも、不思議なことにみんな「帰る」ということが中心になっています。「元気で行って、また帰っておいで。無事に帰っておいで」という願いをこめて送り出し、また「無事によく帰ってきたね。お疲れさん」といういたわりの心で迎える。だからこそ、すくすく育ち、いきいきと外で活動できるのでしょうね。

はじめての講堂仏参 2020年10月14日(水)15時05分

 ファイル 948-1.jpg ファイル 948-2.jpg
 本日は初めての学年単位行事、仏参が講堂で実施されました。後期がスタートし、新型コロナ感染症予防対策の下、学校教育活動の活動単位が学級集団単位から学年団単位に拡大されました。しかし、全校行事の自粛は当面の間継続されたままです。学校再開以来、各クラスで実施されていたホームルーム仏参とは違い、学年全体で、場所は講堂、厳かな中、はじめて声を出しての「三帰依」「さんだんの歌」「念仏」。本来ならば、先生方の「法話」、「恩徳讃」と続くわけですが、本日は「校歌」の歌唱指導となりました。「紫匂う 雲のかなた……」、はじめて聞くような、どこかで聞いたような歌詞に「平安生」になった感をより強くしてくれたのではないでしょうか。「応援歌」の歌唱指導も予定されておりましたが、時間の関係から次回(10/28)回しとなりました。「校歌」「応援歌」ともに硬式野球部の甲子園出場時には、アルプススタンドで歌います。わが母校となる「校歌」「応援歌」をしっかり覚えて、歌う機会には声高らかに歌えるようになってほしいですね。