HEIAN BLOG 高1学年 BLOG

記事一覧

役割 2020年08月08日(土)07時40分

ファイル 939-1.jpgファイル 939-2.jpg

 プロ野球やサッカーのスター選手などが、「僕らは結果を出さなきゃ」とか「結果がすべて」とか言います。受けとりようによっては、「結果がよくなければ、その他がよくてもダメだ」とも、「結果さえよければ、その他はどうでもいいのだ」とも解釈できます。今日、世人の多くが金の奴隷か、自分のことしか考えない我利我利亡者に堕している風潮の中にあって、働かないのに金がほしい、能がないのに有名になりたい、努力しないのにいい成績をとりたい、などと考える人が多いといいます。
 運動部の人はよく知っています。結果だけがポイと出てくることはない。日々の苦しい練習、肉体の鍛錬、技の錬磨、試合の経験などの積み重ねなしには結果は出ない。「結果がすべて」という結果を出すためには、気が遠くなるほどの努力の蓄積が要る。結果は、日々の努力についてくるものだから、その努力こそ大切なものだとみなさんは信じているはずです。だから、「結果がすべて」ということばは裏で、必然的にいい結果が出るように努力しなければならないということですね。

8月短縮授業とオンライン授業について 2020年08月04日(火)08時53分

ファイル 938-1.jpgファイル 938-2.jpg

 先日、陶芸家の方から「一座建立」ということばを教えていただきました。茶道のことばで、たもち合いの世界のことをこのように呼ぶそうです。主人もお客様も、心をこめてお茶をたて、心をこめてお茶をいただくところに、その場の見事な「一座建立」があるそうです。主人だけがいくら一所懸命にやってもだめで、お客だけでもうまくいきません。主人も、お客も、さらには床の間のお花も、掛け軸も、お釜も、茶碗も、その他一切のものがあい依り、あい助けて「一座建立」ができあがるそうです。
 私たちの身の回りにも、好きな人、嫌いな人、やさしい人、意地の悪い人……など、さまざまな人がいます。でも、これらの人が寄り集まって、この私の人生を支えているのです。好きな人、やさしい人だけが支えているのではありません。みんなの力で「一座建立」が成り立っているのです。私たちを取り巻くすべての人々に、そしてまた一切の事物に敬虔の念をもって対処していくならば、私たちの人生はいっそう明るく、広々としてくると思います。
さあ、8月スタートです! 新型コロナウィルスは終息するどころか感染者数は増加しています。風邪や季節性インフルエンザ対策と同様に一人ひとりの咳エチケットや手洗い、マスクの着用などの実施がとても重要です。公共機関等でマスクを着用しない若者への注意喚起がなされています。一人ひとりができる感染症対策に積極的に臨んでください。

三年間は短い! 2020年07月07日(火)18時24分

ファイル 937-1.jpgファイル 937-2.jpg

皆さんはダイヤモンドです。しかし、まだ掘り出したばかりの原石。だから、磨けば光るすばらしい才能を持っているのです。しかし、誰かに磨いてもらうのを待っているのではなく、進んで自分を磨くように心がけることが大切。
 では、そのためにどうすればよいのでしょうか。
 まず、簡単なこと、小さなことを大切にしてほしいということです。ところが、簡単なことであっても、なかなか実行できないものなのです。例えば、毎日十分読書をすることにしたとしましょう。わずか十分です。そのくらいなら大丈夫と思うでしょう。でも、そのようなことですら強い決意が必要なのです。どうしても目先のことに目が向いてしまうものなのです。このドラマを見てから読書をしよう、これをやったら読書をしようと思っているうちに、結局できなかったということになりやすいものなのです。
 一日十分を積み重ねると一年で六十時間。三年間では百八十時間にもなるのです。むろん、読書に限りません。走ることでも、歩くことでもよいのです。とにかく、続けるということが大切なのです。「あらゆることを可能にするのは才能ではなく、それは、習慣なのだ」といいます。習慣にしてしまうことなのです。そういう積み重ねが知らぬ間に自分を磨いてくれる力になるのです。
 次に、目標を持って生活してほしいということです。何かをやろうとする気持ちが自分を磨くエネルギーになるのです。大切なことは、できるかどうか悩むのではなく、やるかやらないかということなのです。やる気力を持つことによって、自分を成長させることができるのですから。
 先のことは誰にもわかりません。だから、ある程度考えたら実行することです。そこから思いもよらなかった道が開けてくることも多いのです。
 ゲーテという人が「常に良い目的を見失わずに努力を続ける限り最後には必ず救われる」と言っています。
 みなさんは、高校でどのような生活をしようと考えていますか。目的を持って生活する三年か、ダラダラと生活する三年か。どのように過ごしても三年は三年なのです。しかし、三年間は短いということは忘れないでほしいものです。

スタディーサポート分析・振り返り会 2020年07月07日(火)18時12分

ファイル 936-1.jpgファイル 936-2.jpg

こんにちは
 今日のLHRは、選抜特進・一貫コース合同でのスタディーサポート分析・振り返り会でした。個人診断レポートを活用し、学力と学習習慣を振り返った後、弱点と課題を確認しながら今後の学習の取り組み方について考えました。また、進路のしおりを使いながら、これから受験していく模擬試験の意義と活用について学ぶことができました。7月20日に進研模試があります。この模試に向けて、多くの生徒のモチベーションが高まったようです。

自己の適性を考える 2020年06月23日(火)19時14分

ファイル 935-1.jpg

こんにちは。
今日のLHRでは、進路アドバイスシステムの結果を活用し、自己の適性と希望の進路について考えました。コンピューターの分析による適性進路と自己の希望進路が合致している生徒もいれば、意外な結果が出て新しい自分の側面に気がついた生徒もおり、将来の職業や学部学科での学問に興味を深めることができました。
いよいよ来週はSUTです。休み時間にも寸暇を惜しんで勉強に取り組む生徒も出てきました。初めてのSUTに向けて、気持ちが高まってきたようです。

SUT時間割発表 2020年06月23日(火)13時07分

ファイル 934-1.jpgファイル 934-2.jpgファイル 934-3.jpg

 高校生活初めてのSUT、本日実施一週間前で時間割が発表されました。
 さあ、計画、勉強法、環境、ノート……必要な学習を明確にし、計画的に準備、消化していきましょう。明確な学習目標は、勉強に全力を注ぐためのエネルギー源になると思いますよ。

0からの一歩 2020年06月10日(水)15時33分

 授業がスタートした今、新しい環境にとまどっている人も多いと思います。中学時代と比べてぐんとレベルアップする高校の学習内容を理解するためには、「高校生」としての学習習慣が必要でしょう。本日実施の「スタディーサポート」、現在の学力の状態や学習習慣をチェックするものは、いかがでしたか。
入学前課題の『スタディーサポート活用BOOK』の取り組みの深度がそのまま結果に結びつくことでしょう。受験後返却される個人診断レポートが楽しみです……。今回の受験で、今、学力面や学習習慣面で自分は何をすべきなのかを考え、自分で、または担任といっしょに「今後の課題と目標」を明らかにしていきませんか……。
(閑話休題) 
 どうして自分はこんなにもできが悪いんだろう。どうしようもない人間だ。そう思って暮らしていると“マイナス引力”ばかり強くて、気分も暗くなり、前進の元気が出ません。
「あの時、もっとこうしておけばよかった。どうして頑張っておかなかったのか」と、取り返せない過去を悔いてばかりいても、きみの新しい、若々しいエネルギーは生まれてきません。「過ぎたことはしようがない。これから精一杯頑張るしかない。そうすればきっと“悔いのない充実した過去”を自分のものにできるだろう」と考え、「今から“0からの出発”をするぞ!」と元気に一歩を踏み出してください。0からの一歩。この積み重ねがきみに大きな力を与えてくれるでしょうから……。

瞳の輝き 2020年06月09日(火)16時37分

 本日の証明書用写真撮影で、私は君たちの瞳の輝きを見つけました。だから、その翌日はもっと輝いた瞳の君たちに出会えると思い、学校に来るのが楽しみになりました。私は、瞳の輝きは今日よりも明日、明日よりも明後日というように増していくものと思っています。君たちのような若者であるならば、いっそうそう信じます。なぜなら、瞳の輝きは生きている証であり、心の輝きだからです。人としての成長の証でもあるからです。
 おそらく、君たちが瞳を輝かせることができたのは、それにふさわしい環境があったからでしょうね。君たちの心は、家庭、友だち、学校、地域、それらが持っているそれぞれの豊かな成分の土に蒔かれていたのでしょう。そして、そこから芽を出し育った君たちだから、心が輝いたのでしょうね。
 私はいつも「私が今日まで生きてこられたということは、周りに私を育ててくれた多くの人たちがいる」と思っています。

明日はスタディーサポート 2020年06月09日(火)16時05分

ファイル 931-1.jpg

 こんにちは。
 明日はスタディーサポートです。入学前に実施の予定でしたが、長引く臨時休校のため、明日やっと実施することになりました。
 明日のスタディーサポートでは、基礎学力の定着度を確認するだけでなく、日頃の学習習慣や学習の様子についても振り返りをします。これから学力を向上させるためにも、自分の学習習慣や学習方法を見直すきっかけにしてほしいと思います。
 今日は『スタディーサポート活用BOOK』の復習です。明日の試験終了後、自己採点をしてもらいます。どんな結果になるか、先生たちは楽しみにしています。

いよいよ平常授業開始 2020年06月06日(土)16時28分

 こんにちは。
 臨時休校が解除され、通勤混雑時を避け始業を1時間遅らせた第1週の40分授業はいかがでしたか。今までにない長期の休校、慣れない登下校、気温の上昇やまもなくおとずれる梅雨など、心理的にいろいろな「変化」が起きていることでしょう。夜更かし、遅い就寝などから起因する授業中の「居眠り」、生活リズムが元に戻るまでには、そこそこの時間が必要なのでしょうね……。また、ゲーム依存、スマホ依存なども授業に集中することが難しくなると思われます。例年は5月の連休が緊張を和らげる効果がありましたが、今年度はその和らげの期間がありません。少しずつ高校生活に、「龍谷大平安」の生活に慣れていくという「慣らし」も必要かもしれませんね。
 来週からは学校教育活動が基本的に正常化され、平常の授業(8:25SHR、50分授業)もスタートします。クラブ活動も制限付きですが、再開されます。6/8(月)~27(土)を仮入部期間として設定されますので、見学・体験を通して入部クラブが決まれば入部の手続きをしてください。
6/9(火)は証明書用写真撮影日、配布プリント「頭髪等の基準」を確認して撮影に臨んでください。6/10(水)はスタディーサポート、入学前課題『スタディーサポート活用BOOK』をふまえたテスト(英語・国語・数学・記述式)です。今一度、『活用BOOK』を見直してテストに臨みましょう。

(閑話休題)
 クラブ活動は、自分の優れている点をさらに伸ばすために、同じような興味や能力を持った友だちと一緒に活動し、その内容も深く、その上、友人関係も高まるすばらしい活動です。高校のクラブ活動では、優勝を目指して、日曜日も、そして、夏休みもこの目標に向かって努力します。その厳しい練習を続ける中で、苦しさに耐える力や体力を育てることができます。ところが、一生懸命頑張っても優勝できないこともあります。そこで、計画を立て直したりして努力すれば、良い結果が得られるという貴重な体験を実感します。
このことは、教科の勉強では得ることのできない人間としての成長なのだということを忘れてはならないと思います。
 ただ、高校の生活はクラブ活動だけに努力すればよいのでしょうか。……そうではないということはわかりますね。よくクラブ活動に夢中になると、勉強の方がダメになるということを聞きますが、私はそんなことはないと思います。確かに、一年生の初めの頃は、体力的に上級生に劣っており、疲れ方もひどいものと思いますが、それもだんだん慣れるにしたがって、自分のリズムができてくると同時に、テンポがわかり、技能も高まり、喜びを感ずるようになります。また、上級生や同級生との人間関係もでき、友情や皆で協力することの楽しさが増してきます。こういうすばらしい体験が勉強と関係ないはずはないと思うのですが……。

ページ移動