HEIAN BLOG 高2学年 BLOG

記事一覧

本日の仏参 過去を学ぶ 2023年01月27日(金)13時19分

ファイル 1021-1.jpgファイル 1021-2.jpg

本日は社会科の林先生のお話でした。

私たちは「過去から学ぶことが大切」と教わってきましたが、なぜ、「過去を学ぶ」必要があるのか。
単に過去にあったことを知るのではなく、今を生きるため、未来を気づいていくためです。

年末の大掃除、礼拝堂から風呂敷にくるまれた写真が出てきたそうです。その写真は、「遺影」でした。
平安の先輩の戦没者遺影です。
その先輩方も、私たち同様、この世に生をうけるとき、どの時代に、どこの国に等生まれる選択ができた訳ではありません。
決して、先輩方が望まれた人生、人としてのあり方生き方ではなかったのではないでしょうか、と話されました。

さて、高校2年生は、もうすぐ研修旅行で沖縄に行きますが、
楽しいだけの研修旅行ではなく、過去から学び、現在を知り、どのような未来を築いていくか、物の見方や考え方など、実り多き学びとなるように・・・と話を結ばれていました。

本日の仏参 2023年01月20日(金)14時42分

 本日は家庭科の佐々木潤子先生のお話でした。テーマは「時間を大切に 時間は有限であることを教えてくれた一言」というものでした。

 佐々木先生が高校1年生時の『現代社会』担当されていた先生のことばをご紹介くださいました。それは「あと三回この風景を見たら卒業ですよ」ということばでした。佐々木先生は、このことばがとっても印象に残っているとのことでした。
 教科担当の先生は、日本には四季があるという内容の解説をする中で、窓を指さしながら「窓から見える風景は苗の弱々しい黄緑色から、段々濃くなり、黄金色の実を結ぶ、その後は一面の白い世界・・・これが一年のサイクルで、このサイクルを3回見たらあなたたちは卒業ですよ」と仰ったそうです。
 このことばを聞いた佐々木先生は、自分の高校生活が有限であるという自覚をしただけでなく、自分の中に言葉や知識が落ちてくるとう体験であったともお話しになっていました。
 その後、窓を見るたびに、「あと三回見たら」という先生の言葉を思い出しておられるそうです。教科担当の先生の予告通り、必ず卒業の時期がやってきます。時間に対する感覚は、子どもの頃には「無限」であっても、大人になると違ってくるのだと、少し大人としての見方を教えていただいたように思うとのことでした。
 高校生活は「有限」です。皆さんにとって、ここからの一年は、今後の人生の要となる一年になる筈です。怠ることなく励んで欲しいとお話を結ばれました。
 時間が経つのは早いですね。もう高校2年生もあと僅かとなりました。

報恩講 2023年01月12日(木)10時00分

ファイル 1019-1.jpg

本日は報恩講でした。
報恩講とは親鸞聖人の教えによって、阿弥陀如来の教えに遇わせていただいた御恩に対して感謝の気持ちをもって、聖人のお亡くなりになった日を機縁に聖人のご遺徳をしのぶ行事です。
法話の講師として朝山大俊先生にお越しいただきました。
生きることや歴史を学ぶことの意義について深く考えることができたのではないでしょうか。

第3学期始業式 2023年01月07日(土)11時46分

ファイル 1018-1.jpgファイル 1018-2.jpgファイル 1018-3.jpg

 本日、第3学期始業式が行われました。3年生を除く全生徒が講堂に集い、新年のスタートを切りました。3学期は2ヶ月程度しかありません。2月中旬には沖縄研修旅行が実施されます。そして学年末考査へと続いていきます。高校2年生として送ることが出来る日々を大切に過ごしていきたいものです。

 始業式後、情報リテラシー学習会が行われました。スマホの利用、各種SNSに潜む様々な危険をよく理解して、情報通信機器や各種アプリを使用していかなければなりません。自分自身が被害者にも加害者にもなり得ることも把握しておく必要があります。
 今一度、情報モラルについてしっかりと確認をしておいてください。

受験生宣言 2022年12月20日(火)15時06分

本日、高校1年生と2年生で受験生宣言を行いました。
ファイル 1017-1.jpg
高校2年生の代表7名が舞台に上がり、1年生と教員が見守る中、志望校へ必ず合格することを宣言してくれました。先輩たちの姿を見て後輩たちもやる気を出し始めたのではないでしょうか。ぜひ第一志望校に合格し、合格者講演会でも語ってくれることを期待します。本日は素晴らしい宣言をしていただき、ありがとうございました。

あと1年もしないうちに受験が始まります。友達やクラスメイトと力を合わせ、これまで以上に勉強に励んでほしいと思います。

特進コース 「生物」特別授業 2022年12月20日(火)07時51分

ファイル 1016-1.jpgファイル 1016-2.jpg

12月8日(木)の4・5・6限に、高校2年12組と13組合同の生物の授業で、外部講師による特別授業をおこないました。

 講師として来ていただいたのは、JT生命誌研究館 形態形成研究室室長の橋本主税先生(大阪大学大学院理学研究科・招聘教授兼任)で、本校の担当教諭と協同で授業を展開していきました。
今回の授業テーマは、「考えよう、教科書の中の事実と仮説 ~両生類の原腸形成運動を題材に~」として、教科書に示されたカエルの発生モデルでは説明できない実験事実を提供していただき、それを題材とした仮説やモデル、その検証についてグループで考えを出し合い、発表をおこないました。この作業を通して、実験事実とモデルとの切り分けや、教科書の内容についての理解を深めていきました。
授業後の感想には、「インプットとアウトプットが同時にできるのでこのような授業が増えてほしい」「教科書をただ覚えて理解するのではなく、根本的な部分から考えるのは新鮮だった」「議論するとまた疑問が生じて、それをまた議論することが楽しかった」「他の人の考えを知るのが面白く、自分の考えと比べる機会は大切だと感じた」「自分の意見を前で発表できるのは良いと感じた」「こういう思考力が入試でも求められるのだと思った」などの声が多数上がっており、大変好評でした。
とりわけ「じっくりと考えてから答えを聞くことによって、すんなりと理解できて不思議だった」という感想は、闇雲に教科書を覚えるよりも、考えることで問題点を整理する方がより深い理解につながる、「主体的に考え、積極的に議論し、深い理解を得る」ことへの一つの回答として大いに期待させます。
今回の授業で、新学習指導要領でも謳われる「主体的・対話的」な活動から、「見出し理解する」体験を通して、深く考え、自ら変わっていく活動を体験することができました。
また、現場の研究者から生の研究についてお話を伺うことも、将来の進路選択や動機付けにつながる大変貴重な経験になりました。
授業していただいた橋本先生も、受講した生徒たちの反応を大変評価されていました。今後も引き続きこのような有意義な活動を企画していきます。

仏参  2022年12月16日(金)09時50分

ファイル 1015-1.jpg

本日の仏参は、本願寺布教師の津守先生にお話しいただきました。

普段の生活で、自分と他人とを比べることがよくあります。学校の成績や偏差値、運動のできなど、他人と比べたことがあるのではないでしょうか。他人と比べると、自分はできない人なんだなと劣等感を抱いてしまいます。しかし、仏様のまなざしから見ると、人それぞれに良いところがあり、比べるものではないのです。
人と比べて落ち込むのではなく、自分にしかない価値を見いだし、自分の命を大事に生きていきたいです。

仏参 14組担任 前田先生 2022年12月09日(金)17時10分

ファイル 1014-1.jpg

 本日の仏参は前田先生より、「あきらめないこと」の大切さについてお話しいただきました。
 まず冒頭で大平光代さんの『だからあなたも生き抜いて』という著書を紹介をされました。大平さんはいじめや家族の無理解が原因でどんどん困難な状況に陥っていきますが、それを自分自身の気付きと努力で克服されます。
 そのような大平さんの姿に前田先生自身が高校時代に影響を受け、何歳になっても人はやり直せる、あきらめさえしなければ人は変われるのだということをお話しされました。
 どんなひどい環境や状況でも、出口や解決策はあるのでしょう。ただ、私たちがどれだけそれを望み、目を凝らして世の中を見るかにかかっていると思います。そしてそれに向かって努力する必要があるのです。

仏参 13組担任 岩井先生 2022年11月25日(金)09時00分

ファイル 1013-1.jpg

13組担任 岩井先生から「時代の変化」についてお話いただきました。

岩井先生が高校生だったのは今から約20年前です。当時は携帯電話がありましたが、スマートフォンはありませんでした。また、音楽はCDで聴く時代で、YouTubeなどはありませんでした。消費税は5%で、気温はと言えば、暑くても35℃を超えることはありませんでした。このように、この20年で世の中は大きく変わりました。この先の20年はどうでしょうか?科学技術が発達し、便利になることもあるかもしれませんが、なくなる職業等も出てくるでしょう。超高齢化が進み、1人の若者が1人の高齢者を支える時代がやってきます。明るい未来なのか暗い未来なのか、誰にもわかりませんが、どんな20年になるのか、どんな20年にしたいのかを考えながら過ごしてください。

仏参 12組担任 松尾先生 2022年11月18日(金)09時00分

12組担任 松尾先生からお話いただきました。
普段から会話で「普通に」という言葉を使っていませんか。家族やクラスメイトでも常識や普通が全く違います。自分と相手の価値観が違うことを理解し、受け入れることが大切です。
高校2年生になると志望理由書などの重要な文章を書くことが多くなります。自分の価値観で普通に思っていることを書いても相手に伝わらずに食い違うことがあります。しっかりと自分の考えを述べましょう。そのためにも語彙力・国語力は非常に重要です。

ページ移動