HEIAN クラブ 紹介 クラブ紹介ブログ

記事一覧

【茶道部】浴衣着付け体験 2024年07月18日(木)22時47分

今日の稽古は各自浴衣を持参し、9月の文化祭茶会に向けて浴衣着付体験を実施しました。

ファイル 1966-1.jpg

女性顧問らの指導のもと、部員たちは浴衣の着方を学びました。昨年までは別所で畳を敷いていましたが、今回ようやく広々とした和室でできました。

ファイル 1966-2.jpg

着付け後は点前や水屋、お運びなど、当日の流れを確認しました。浴衣をきっちりと着られることを目的としていますが、浴衣を着た状態での動き(制服と違って動きにくい)を体験しておくことも大事なのです。

ファイル 1966-3.jpg ファイル 1966-4.jpg

部員たちは浴衣を着て気分も高まる中、お菓子とお茶を楽しんでいました。

ファイル 1966-5.jpg

本日のお菓子は、冷蔵庫で冷やした宗禅の串わらびを出しました。種類は抹茶、ほうじ茶、きな粉、さくら、チョコで、棒くじをく形にしました。部員たちはどれが当たるか、ワクワクしながら棒くじを引いていました。

吹奏楽部 合宿⑤ 2024年07月15日(月)17時37分

合宿最終日は各チームでの合宿での成果を
発表する機会を設けました。
ファイル 1963-1.jpeg
ファイル 1963-2.jpeg
ファイル 1963-3.jpeg
3日間の合宿で得たことを
発揮できたようです!
ファイル 1963-4.jpeg
その後は学校に戻って積み下ろし、
片付けをおこないました。

忙しい夏は始まったばかりです!
きっちり体調管理をして、みんなで夏を乗り越えましょう!

吹奏楽部 合宿④ 2024年07月14日(日)21時34分

合宿折り返し地点です!
ファイル 1962-1.jpeg
保護者の方、OBOGの先輩方から
差し入れをいただきました!
ありがとうございます♪
ファイル 1962-2.jpeg
途中、中学生とB組メンバーは
大津市民会館でおこなわれている
龍谷大学吹奏楽部の演奏会を聴きに行きました!
ファイル 1962-3.jpeg
色々と刺激を受けてくれたと思います!
ファイル 1962-4.jpeg

吹奏楽部 合宿③ 2024年07月14日(日)12時31分

合宿2日目です。
ファイル 1961-1.jpeg
朝から早速楽器の練習!
3日間音楽漬けです。
ファイル 1961-2.jpeg
お昼ご飯をいただいて
今後の流れを確認します。
ファイル 1961-3.jpeg
昼からも長丁場ですが頑張りましょう!

吹奏楽部 合宿② 2024年07月13日(土)21時03分

荷物を積み下ろした後は
各チームで練習に移りました。
ファイル 1960-1.jpeg
普段以上にじっくりと
課題と向き合います。
ファイル 1960-2.jpeg
晩御飯後も21時まで頑張ります!
ファイル 1960-3.jpeg

吹奏楽部 合宿① 2024年07月13日(土)15時40分

土曜日授業を終え、
本日から2泊3日の合宿です!
ファイル 1959-1.jpeg
バスに乗って滋賀県の
アヤハレークサイドホテルにてお世話になります。
ファイル 1959-2.jpeg
夏のコンクール、コンテストに向けて
個人としてもチームとしても高められる
期間にしていきましょう!
ファイル 1959-3.jpeg

【鉄道研究部】ジオラマの制作を本格化しました 2024年07月09日(火)15時04分

ファイル 1957-1.jpgファイル 1957-2.jpg

テストが終了し短縮授業期間に入ったことにより、ジオラマの制作を本格化しました。去年と比べ板を1枚増やし、去年よりも大規模なものにしようと意気込んでいます。このジオラマは文化祭で展示予定です。ぜひ9/6,7の文化祭にお越しいただき、鉄道研究部のジオラマをご覧ください。
また、6/9の部活動体験、7/7の進路説明会で鉄道研究部のブースに来ていただいた方、ありがとうございました。今後も入試イベントには参加する予定ですので、ぜひお越しください。

文月稽古 2024年07月08日(月)22時25分

7月に入って期末考査が終わり、今日から稽古を再開しました。祇園祭の季節になったため、長刀鉾のお軸を掛けました。

ファイル 1956-1.jpg

藪内の先生より帛紗棚を寄贈いただき、3年生は棚を使った薄茶点前をしました。

ファイル 1956-2.jpg ファイル 1956-3.jpg

和室の奥では、釜2ヵ所をテレコで設置。2年生が順番に点前をまわしながら、一連の流れを確認していました。

ファイル 1956-4.jpg

1年生は割稽古をしながら、一つ一つの作法を学んでいました。

ファイル 1956-5.jpg

本日の主菓子は、七條甘春堂の天の川を出しました。七夕の夜空を模した琥珀羹に、銀箔の星が散りばめられています。下半分は二層の羊羹になっていて、見て・食べてと両方楽しめる和菓子です。

【写真部】7月撮影会 2024年07月06日(土)16時00分

ファイル 1955-1.jpgファイル 1955-2.jpg

7月の撮影会は宇治。午前は撮影に最適な曇り空。先日の大雨で天ヶ瀬ダムは全開。宇治川が轟音を響かせながら中之島へ渡る橋が閉鎖されていました。
今回の撮影したものは7月20日に校内合評会にて発表することになります。

【書道部】7月の聖語板 2024年07月01日(月)10時06分

ファイル 1952-1.jpg

文月になりました。2024年の下半期は、梅雨空の下でのスタートになりました。今月の聖語板を書いたのは、副部長の斉藤瑠衣さんです。一画、一画の丁寧な筆づかいが感じ取れます。

今回の聖語は釈尊のお言葉です。聖語板の前で、親鸞聖人が9歳で得度なされた際に詠まれた「明日ありと思う心のあだ桜 夜半の嵐の吹かぬものかは」の和歌を思い出しました。今すべきことは頭ではわかってはいるのですが、ついつい後回しにしてしまう・・・。自分の「為すべき」ことをしっかりとやっていきたいものです。

聖語の詳しい内容については、宗教教育blogをご覧ください。

ページ移動