HEIAN クラブ 紹介 クラブ紹介ブログ

記事一覧

【書道部】10月の聖語板 2022年10月01日(土)18時20分

ファイル 1534-1.jpg

神無月になりました。今月の聖語は高2の新垣香葉さんが書きました。行書の魅力がたくさん詰まった仕上がりになったと思います。

法句経は釈尊のみ教えを集めたものです。こうして今ここに生きているということは、自分一人の力ではなく、数多くのおかげによって生かされているわけで、どんなに難しいことであるか、と経典は説いているそうです。人間に生まれた幸せ、生かされている幸せ、この「あるのが難しい」から、感謝の念を表す『ありがとう』という言葉になったと聞かせていただいています。
聖語の詳しい内容につきましては、宗教教育blogも併せてご覧になってください。

【書道部】9月の聖語板 2022年09月01日(木)17時58分

ファイル 1517-1.jpg

長月になりました。今月の聖語板は高3の石村優衣さんが書きました。しっかり丁寧に書かれており、書の基本を大切にしていることが伝わってきます。

今月の聖語は親鸞聖人のお言葉です。疑問に思ったことをとことん究明し、自分なりの答えを見つけていくことは近年特に重視されています。当たり前だと思っていたことも、本当にそうなのか自分の目で確かめたいものです。「なぜだろう」と考えましょう。そこから「哲学の旅」が始まります。
(聖語の詳しい内容については、宗教教育blogも併せてご覧ください)

【書道部】8月の聖語板 2022年08月01日(月)08時19分

ファイル 1499-1.jpgファイル 1499-2.jpg

葉月になりました。今月の聖語板は、高2の今井純太君が書きました。一画一画が丁寧に力強く書かれています。

『教行信証』は親鸞聖人の主要著書ですが、今月の聖語はその結びにあるものです。お正信偈にも「本師源空明仏教」とありますが、親鸞聖人は師匠である源空(法然)上人との出会いにより、お念仏に出遇うことになります。私たちも師から受け継いだものを、後輩たちに伝えていきたいものです。もちろん、積極的に師に教えを請う姿勢も大切にしたいですね。
(聖語の詳しい内容については、宗教教育blogを併せてご覧になってください)

【書道部】7月の聖語板 2022年07月01日(金)14時54分

ファイル 1485-1.jpgファイル 1485-2.jpg

文月になりました。今月の聖語板は高3の河本遥花さんが書きました。しなやかな柔らかさがあり、優しい感じがします。

頭ではわかっていても、なかなか行動に移せないことがことがあります。常々思うことですが、最大の敵はいつでも自分自身です。
(聖語の詳しい内容については、宗教教育blogを併せてご覧ください)

【書道部】6月の聖語板 2022年06月01日(水)16時39分

ファイル 1460-1.jpg

水無月になりました。今月の聖語板は高3で前部長でもある西﨑夏里南さんが書きました。やはり最高学年であり、部長経験者ということもあり、安定感が抜群です。

お正信偈の中にも「貪愛瞋憎之雲霧」とあるように、私たちはどこまでいっても欲望の霧の中で迷っている存在です。その貪欲さが満足を感じさせず、自分の心を苦しめているように思います。一方で、もっと上手になりたいという向上心がないと、成長はありません。日々の練習に精進してまいりましょう。
(聖語の詳しい内容につきましては、宗教教育blogを併せてご覧ください)

【書道部】5月の聖語板 2022年05月01日(日)08時00分

ファイル 1433-1.jpgファイル 1433-2.jpg

皐月になりました。太い線が持ち味のダイナミックさがよく出ています。

書道部では4月に2名の新しい仲間をを迎え、楽しく活動をしています。
(聖語の詳しい内容につきましては、宗教教育blogをご覧ください)

【書道部】4月の聖語板 2022年04月01日(金)08時45分

ファイル 1421-1.jpgファイル 1421-2.jpg

弥生になりました。今月の聖語板は高3の和泉悠太君が書きました。
これまで、ふれあい書道展で「筆都大賞」を受賞するなど、数々の賞を受賞してきた実力はさすがです。

今月の聖語は「仏説阿弥陀経」からですが、槇原敬之さんの名曲「世界に一つだけの花」の詞のモチーフになった話は有名ですね。
新たな出会いの季節。書道部では新入部員を募集中です。それぞれの輝きを放って、それぞれの花を咲かせていきましょう。
(聖語の詳しい内容については、宗教教育blogを併せて5ご覧ください)

【書道部】3月の聖語板 2022年03月01日(火)07時33分

ファイル 1410-1.jpgファイル 1410-2.jpg

弥生になりました。今月の聖語板は高3で元副部長の安静深空さんが書きました。
実は、今年度の初めのミーティングで聖語板の担当を決める時に、卒業に際し最後に聖語板を書きたいと立候補してくれていました。
久々に筆を持ったにもかかわらず、現役の頃から熱心に取り組んできた造像記の趣が自然に滲み出て、彼女らしい書に仕上がりました。中・高6年間の締めくくりにふさわしい思い出に残るものになったことでしょう。

聖語は唯円房が親鸞聖人のお言葉を集めたとされる「歎異抄」からです。出会いも、別れも、私たちの思いのままにはならぬことを改めて感じさせられました。
(聖語の詳しい内容は、宗教教育blogも併せてご覧ください)

書道部 第44回ふれあい書道展 2022年02月22日(火)17時27分

ファイル 1407-1.jpg

第44回全国書画展 ふれあい書道展の結果発表がありました。
本校書道部からは、高2の河本遥花さんが特選に入選しました。
今年度の展覧会については、これが最終となりました。4月からそれぞれがまた1つ上の学年となります。向上心をもって取り組んでまいりますので、これからも書道部へのご声援をよろしくお願いいたします。

書道部 第26回全国高等学校書道コンクール 2022年02月12日(土)17時34分

年末に第26回全国高等学校書道コンクールに出品をしました。結果は以下のような成績となりました。

全日本高等学校書道教育研究会賞 高2 河本遥花
優秀賞             高2 栗林美妃
優良賞             高2 西﨑夏里南
佳作              高1 桒原 渉
佳作              高1 新垣香葉

今回は多くの部員が入選を果たしました。これを次へのステップとして、さらに頑張っていってもらいたいです。

ページ移動